西仙台ハイランド駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西仙台ハイランド駅
駅舎(2008年11月)
駅舎(2008年11月)
にしせんだいハイランド
- Nishisendai-Hairando -
熊ヶ根 (1.6km)
(3.4km) 作並
所在地 仙台市青葉区作並字棒目木32
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 仙山線
キロ程 25.3km(仙台起点)
電報略号 ニセ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1987年昭和62年)3月21日
廃止年月日 2014年平成26年)3月15日*
備考 臨時駅
仙 仙台市内
*2003年(平成15年)10月1日より通年休止

西仙台ハイランド駅(にしせんだいハイランドえき)は、かつて宮城県仙台市青葉区作並字棒目木にあった、東日本旅客鉄道(JR東日本)仙山線である。

2014年(平成26年)3月14日限りで同線の八ツ森駅と共に廃止となった[1]。存在していた当時は臨時駅だった。

概要[編集]

1987年西仙台ハイランドへの最寄り駅として設置された。駅名はそれに合わせて命名されたものである。ただし、多くは自動車を利用するため乗降客は少なかった。以前は土休日に一部の列車が停車していた。

開業時の西仙台ハイランドの所在地は宮城町だったが1987年に宮城町が仙台市に編入され、1990年8月に施設名が「西仙台ハイランド」から「仙台ハイランド」に改称されたが駅名は変更されなかった。

2003年ダイヤ改正以降列車の停車が設定されておらず、事実上休止状態となっていた。仙台ハイランドのウェブサイトの交通案内ページには2004年度より当駅の利用ができなくなった旨の記載がなされ[2]、同サイトの交通案内地図でもこの駅は描かれなくなった[3]


駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ地上駅愛子駅によって管理されていた。開設当初からの臨時窓口があり、そこで乗車券が発売された実績はあった。列車の停車がなくなってからは、ホーム上に立ち入る階段にロープが張られ、立ち入り禁止とされていたが、臨時窓口は最後まで残されていた。

臨時駅ではあるが、JRの特定都区市内制度における「仙台市内」の駅とされていた。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

駅跡地(2014年6月)

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
仙山線
熊ヶ根駅 - (西仙台ハイランド駅 - 作並駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 仙山線 西仙台ハイランド駅及び八ツ森駅廃止について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社、2014年2月14日、同日閲覧。
  2. ^ 仙台ハイランドMAP(2004年6月7日現在) - Internet Archive
  3. ^ 周辺地図/アクセス方法 - 仙台ハイランド

関連項目[編集]

  • 日本の鉄道駅一覧
  • 天花 - 主人公である天花の許婚の予定だった鈴木竜之介の父、大樹(竹中直人)が仙台へやって来て、この駅に備え付けられた電話ボックスから電話をかけるシーンがある。
  • 北仙台駅南仙台駅東仙台駅 - 当駅とあわせて、浦和と同様に仙台が「東西南北全ての駅名」がある都市として挙げられることがあった。

外部リンク[編集]