西ドイツ国鉄V200形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西ドイツ国鉄 V200形ディーゼル機関車
221 132(V220.1形)

西ドイツ国鉄(ドイツ連邦鉄道。DB)V200形は急行用液体式ディーゼル機関車である。初期に製造されたものはV200.0形と呼ばれ、1962年からは出力を増大したV200.1形が製造された。それぞれ、1968年に220形および221形と改称されている。旧東ドイツ東ドイツ国鉄。GDR)にも同じV200形を名乗るソ連製の機関車があったが、あわせて述べる。

製造・運用[編集]

まず1953年]]から翌年にかけて、クラウス=マッファイにてプロトタイプが5両製造された。1956年より量産が開始され、同社にて61両が、マシーネンバオ・キール(現MaK、のちフォスロ)にて20両が製造された。

信頼性が高く、V200形はあらゆる幹線において急行列車を牽引し、ドイツ国営鉄道(=分割前のドイツ国時代の国営鉄道。DRのちDRG)の05形03形01形蒸気機関車を置き換えた。幹線が電化するにつれて、V200形は幹線以外での旅客輸送や貨物輸送にも使われるようになった。

1962年からの量産は、エンジン出力を増大したV200.1形に移行し、1965年までに50両が製造された。

1968年に、V200.0形およびV200.1形は、それぞれ220形、221形と改称された。

1977年より、V200形はドイツ北部の工場に集められた。エンジンを2基搭載するためV160形のようなエンジン1基の車両よりも高価であり、さらに列車暖房方式が蒸気暖房だったため、1984年には全車使用が停止された。

7両のV200形がスイス国有鉄道に譲渡され、Am4/4形18461-18467となった。1997年まで使われ、その後ドイツ国内の個人に売却された。アラビア国有鉄道に売却された車両もあるが、ほどなく廃車された。ギリシャ国鉄も数両を購入したが、そのうち数両のV200.1形はthe Prignitzer Eisenbahnによってドイツに逆輸入され、270形とされた。

DB博物館がV200 007を所有しているほか、数両のV200形がドイツ国内で保存されている。同博物館には試作機も保管されていたが、2005年10月17日の火事により焼損した。

構造[編集]

エンジン・液体変速機・台車で1組の駆動システムを構成し、これを2組搭載している。エンジンはマイバッハV型12気筒ディーゼルエンジンである。

東ドイツのV200形(120形、のちの220形)[編集]

現在のドイツ鉄道(DR)の前身のひとつである旧東ドイツ国鉄にもV200形という形式があった。これはソ連製の電気式ディーゼル機関車M62で、その騒音と排気の黒煙から、taiga drum(タイガの太鼓)という愛称を持っていた。のちに120形と改称され、さらに東西ドイツ統一後、西ドイツ国鉄が使用していた同名のV200(すでに220形と改称されていた)の使用が停止されたのちにこの車両はDBにより220形に分類された。

主要諸元[編集]

  • 全長:V200.0形試作車: 18,470 mm、同量産車: 18,530 mm/V200.1形:18,440 mm
  • 全幅:
  • 全高:
  • 運転整備重量:73.5 - 81.0 t
  • 軸重:18.4 - 20.3 t
  • 機関:マイバッハ製MB12V493TZ形 V形12気筒ディーゼルエンジン2基
  • 機関:マイバッハ製K184U形×2基
  • 軸配置:B-B
  • 出力:V200.0形試作車: 1471kw(2000PS)、同量産車: 1618kw(2200PS)/V200.1形:1986kw(2700PS
  • 動力伝達方式:液体式
  • 最大運転速度:140km/h
  • 製造初年:V200.0形試作車: 1953年、同量産車: 1956年/V200.1形:1962年
  • 製造所:クラウス=マッファイ, MaK

文献[編集]

  • Mattias Maier Die Baureihe V200 Eisenbahn-Kurier (EK-Verlag; Freiburg) ISBN 3-88255-208-5