西クルナ油田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西クルナ油田(にしクルナゆでん、アラビア語: غرب قرنة、英語: West Qurna Field)は、イラクにある油田。同国最大規模の油田の1つで、ルマイラ油田の北側、バスラ市の西側に位置している。採掘可能な埋蔵量は210億バレルと見積もられており、サウジアラビアガワール油田に次いで世界第2位である[1]

この油田の開発第I期では、2009年11月、エクソン・モービルシェルがその契約を500億ドルで獲得した[1]。長い間西側諸国を締め出してきたイラクにおいては、この2社は西側諸国の石油会社として初めて開発権を得た会社であった[2]。この契約によって、両社はそれまで日量27万バレルであった生産量を225万バレルに増加させ、その後7年間にわたってイラク政府から1バレルあたり1ドル90セントが支払われることになった。また、この油田の開発に伴って、開発の遅れていたイラク南部において100,000名の雇用が創出された[3]

第II期では、2009年12月、ロシアルクオイルノルウェースタトイルハイドロが20年契約で128億8000万バレルの開発権を認められた。この契約により、両社はその後13年間にわたって日量180万バレルを生産し、1バレルあたり1ドル15セントを受け取ることになった[4]

[編集]

  1. ^ a b Helman, Christopher. title= The World's Biggest Oil Reserves. Forbes. 2010年1月21日. 2012年5月27日閲覧.
  2. ^ Chon, Gina. Iraq Awards West Qurna-1 Oil Field to Exxon, Shell. The Wall Street Journal. 2009年11月5日. 2012年5月27日閲覧.
  3. ^ Chulov, Martin. ExxonMobil wins $50bn contract to develop West Qurna oilfield. Guardian. 2009年11月5日. 2012年5月27日閲覧.
  4. ^ Russian Oil Giant Wins Big in Iraq Auction. FOX News Network. 2009年12月12日. 2012年5月27日閲覧.

外部リンク[編集]

座標: 北緯30度53分7秒 東経47度17分27秒 / 北緯30.88528度 東経47.29083度 / 30.88528; 47.29083