襤褸と宝石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
襤褸と宝石
My Man Godfrey
監督 グレゴリー・ラ・カーヴァ
脚本 エリック・ハッチ
モリー・リスキンド
原作 エリック・ハッチ
製作 グレゴリー・ラ・カーヴァ
製作総指揮 チャールズ・R・ロジャース
出演者 ウィリアム・パウエル
キャロル・ロンバード
撮影 テッド・テツラフ
編集 テッド・J・ケント
ラッセル・F・シェーンガース
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1936年9月6日(プレミア上映)
日本の旗 1936年11月22日[1]
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約656,000ドル
テンプレートを表示

襤褸と宝石』(ぼろ/つづれとほうせき、原題・英語: My Man Godfrey)は、1936年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

エリック・ハッチの小説を基にグレゴリー・ラ・カーヴァが監督、ウィリアム・パウエルキャロル・ロンバードが主演した。

1957年ヘンリー・コスター監督、ジューン・アリソンデヴィッド・ニーヴン主演で再映画化された。(邦題『いとしの殿方』)

あらすじ[編集]

「屑さがし」という金持ちの余興で、富豪の娘アイリーンは、浮浪者のゴドフリーを連れてきて優勝する。そしてゴドフリーは執事として働くことを許される。母親のアンジェリカは、若者をはべらせて遊興にふけり、わがままに育った長女コーネリアは無理難題をもちかけ、アイリーンは執事のゴドフリーに熱をあげる毎日が続いた。 しかしゴドフリーはある計画を実行に移す。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督/製作:グレゴリー・ラ・カーヴァ
  • 製作総指揮:チャールズ・R・ロジャース
  • 脚本:エリック・ハッチ、モリー・リスキンド
  • 撮影:テッド・テツラフ
  • 音楽監督:チャールズ・プレヴィン
  • 編集:テッド・J・ケント、ラッセル・F・シェーンガース
  • 美術:チャールズ・D・ホール
  • キャロル・ロンバードの衣裳:トラヴィス・バントン
  • 衣裳:ルイーズ・ブライマー

アカデミー賞ノミネーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『20世紀アメリカ映画 1914-2000』(カタログハウス、2002年)

外部リンク[編集]