襄汾土石流事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

襄汾土石流事故(じょうふんどせきりゅうじこ)は、中国山西省襄汾県の、新塔礦業有限公司の塔児山炭鉱の1基の倉庫が2008年9月8日に崩壊した事故であり、26.8万立方メートルもの泥水が下流の500メートルに波及し、鉱山区の事務室、自由市場と民家などで、多くの死傷者をもたらした[1]。9月13日19時時点で254人が死亡した。[2]9月14日、山西省の省長の孟学農に引責辞職した。

参照[編集]