裴千ソク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「裵千奭」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
裵 千奭 Football pictogram.svg
名前
愛称 コヤブ、ザチョウ、唇
カタカナ ペ・チョンソク
ラテン文字 BAE Chun-Suk
韓国語 배천석
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
生年月日 1990年4月27日(23歳)
出身地 大邱直轄市
身長 187cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 浦項スティーラース
ポジション FW
背番号 7
ユース
2006-2008
2009-2011
韓国の旗 浦項スティーラースU-18
韓国の旗 崇実大学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2012
2013-
日本の旗 ヴィッセル神戸
韓国の旗 浦項スティーラース
3 (0)
20 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年2月25日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

裵 千奭(ペ・チョンソク、1990年4月27日)は、大韓民国・大邱直轄市(現大邱広域市)出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード

来歴[編集]

浦項スティーラースU-18出身で、U-15時代から韓国の年代別代表に名を連ねてきた。崇実大学校への進学後も、日韓大学定期戦の韓国選抜に選ばれるなど活躍を続け、2011年にはユニバーシアードに韓国代表として出場している。

2011年7月に、大学を中退してヴィッセル神戸とプロ契約。8月20日の対アルビレックス新潟戦で初出場を果たした。2011年は3試合に出場するも終盤に疲労骨折のため離脱。

2012年は前年のケガのため出遅れ、6月にナビスコカップで同シーズン初出場を果たすもわずか6分で退場処分を受ける。これ以降、練習試合には出場するもののケガなどもあり、事実上の構想外となる。結局、2012年の公式戦出場はこの1試合に終わり、シーズン終了後、戦力外通告を受ける。

2013年1月、ユース時代に所属していた浦項スティーラースに移籍。

その他[編集]

顔が日本のお笑いタレント小籔千豊にそっくりなことで、加入当初から話題になった[1]。チーム内での愛称も「コヤブ」「ザチョウ」で定着しており、本人も「似ているものは仕方ない」と諦めている[2]

韓国時代の愛称は、唇が厚いことからそのまま「唇」だった[3]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2011 神戸 35 J1 3 0 0 0 1 0 4 0
2012 20 0 0 1 0 0 0 1 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2013 浦項 7 KLC 20 4 - - 4 1 24 5
2014
通算 日本 J1 3 0 1 0 1 0 5 0
通算 韓国 Kリーグ 20 4 0 0 4 1 24 5
総通算 23 4 1 0 5 1 29 5

代表歴[編集]

  • U-15韓国代表(2005年)
  • U-16韓国代表(2006年)
  • U-17韓国代表(2006-2007年)
  • U-20韓国代表(2009年)
  • 全韓国大学サッカー選抜(2010-2011年)
  • U-22韓国代表(2011年)
  • ユニバーシアード韓国代表(2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 神戸に“小籔”そっくり新助っ人加入”. デイリースポーツ (2011年7月29日). 2011年10月1日閲覧。
  2. ^ あだ名はザチョウ 小籔そっくりの新助っ人 上々デビュー”. スポーツニッポン (2011年8月21日). 2011年10月1日閲覧。
  3. ^ サッカー:オマーン戦、鍵はユン・ビッカラム=五輪最終予選”. 朝鮮日報 日本語版 (2011年9月21日). 2011年10月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]