裏打ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

裏打ち(うらうち)とは、水彩画水墨画など掛軸額装において、裏側にさらになどを張り、水分乾燥による起伏をなくしたり丈夫にすること。

書を掛軸にする場合などで行われる工程のひとつ。本紙(書画が書かれた紙)より大きめの湿らせた和紙に本紙を重ね、霧吹き刷毛でシワを取り除き、別の裏打ち用の和紙にのりを塗り裏返した本紙に重ねて貼り付け、最初の和紙を取り除く一連の作業を指す。

小学校の書道などで児童の作品を裏打ちする場合は、簡易的な市販の裏打専用紙が用いられ、霧吹きで半紙を湿らせてアイロンで貼り付ける。