袖ケ浦駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
袖ヶ浦駅から転送)
移動: 案内検索
袖ケ浦駅
駅舎(2005年10月9日)
駅舎(2005年10月9日)
そでがうら - Sodegaura
長浦 (3.9km)
(3.1km) 巌根
所在地 千葉県袖ケ浦市奈良輪1198
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 内房線
キロ程 24.4km(蘇我起点)
千葉から28.2km
電報略号 ソラ
ラハ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
4,606人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1912年大正元年)8月21日
備考 業務委託駅
* 1974年に楢葉駅から改称。
ホーム(2008年6月)
改札口

袖ケ浦駅(そでがうらえき)は、千葉県袖ケ浦市奈良輪にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。 駅舎建替え(橋上駅化)工事中で、2014年10月12日より新駅舎に移転する予定である。現在の出入口は南口のみとなっているが、新駅舎には自由通路が設けられ、これまで出入口のなかった北側の「北口」も設けられる。現駅舎は開業当初からの木造駅舎で、駅舎とホームは跨線橋で連絡する構造となっている。

JR千葉鉄道サービスが駅業務を受託している業務委託駅木更津駅管理)で、自動券売機自動改札機自動精算機が設置されている。かつては「もしもし券売機Kaeruくん」(営業時間 6:00 - 21:00)も設置されていたが、2012年2月29日に廃止された。

内房線の駅で唯一、櫻井音楽工房製の発車メロディが導入されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 内房線 下り 木更津館山方面
2 内房線 上り 千葉東京方面

利用状況[編集]

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1990年 3,963
1991年 4,117
1992年 4,255
1993年 4,307
1994年 4,247
1995年 4,161
1996年 4,018
1997年 3,892
1998年 3,762
1999年 3,747
2000年 3,635
2001年 3,559
2002年 3,655
2003年 3,773
2004年 3,755
2005年 3,872
2006年 3,938
2007年 3,951
2008年 3,953
2009年 3,891
2010年 3,842
2011年 3,914
2012年 4,606
2013年 4,538

駅周辺[編集]

駅舎の反対側にはが広がっているが、近年になって区画整理事業がようやく本格的に開始された。

バス路線[編集]

小湊鐵道日東交通京浜急行バス(高速バスのみ)によって運行されている。

2013年7月22日より、駅舎建替工事の関係に伴い、バス乗り場の位置が変更(仮設乗り場)となった。

乗り場 経由地 行先
1番 (高速バス) 品川駅東口
神納一丁目 袖ケ浦バスターミナル
袖ヶ浦高校前・飯富・三ツ作・大曽根 のぞみ野ターミナル
飯富・三ツ作・のぞみ野ターミナル・野里 平川行政センター
飯富・三ツ作・のぞみ野ターミナル 東京ドイツ村

※土休日のみ運行[1]

2番 小櫃橋・金田中島東 三井アウトレットパーク
福王台 袖ケ浦バスターミナル
小櫃橋・高柳・畳ヶ池 木更津駅西口
今井・蔵波台 長浦駅
今井・蔵波台・長浦駅・久保田 代宿団地

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
内房線
通勤快速・快速(京葉線経由)・快速(総武線経由)
長浦駅 - 袖ケ浦駅 - 木更津駅
普通(各駅停車)
長浦駅 - 袖ケ浦駅 - 巌根駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成26年6月1日(日)より平岡線の運行ルート変更及び時刻改正を実施致します。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]