衛紹王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
衛紹王 完顔果縄
第7代皇帝
王朝
在位期間 1208年12月29日 - 1213年9月11日
姓・諱 完顔果縄
王允済→永済(漢名)
興勝
諡号 紹王
生年 不詳
没年 至寧元年(1213年9月11日
世宗
李元妃
皇后 徒単皇后
陵墓 道陵
年号 大安 : 1209年 - 1212年
崇慶 : 1212年 - 1213年
至寧 : 1213年

衛紹王(えいしょうおう)は、の第7代皇帝果縄(ハヒェン)。殺害後に帝号を剥奪されたため、皇帝としての号はないが、即位前の衛王の位に復して「紹」と諡された。すなわち衛紹王とは「衛の紹王」である。

世宗の第7子。同母兄に鄭王允蹈、同母弟に潞王允徳がいる。

生涯[編集]

父の存命中に薛王、滕王に封じられ、甥の章宗により潞王、韓王、さらに承安2年(1197年)に衛王に封じられる。このころ、異母兄の宣太子胡土瓦(章宗の父)が皇帝位(顕宗)を追贈されたために忌諱し、名前を「永済」と改めている。

長身の美男子で質素な人物としての評価がある一方で、暗愚な一面も認められる。章宗の命によりモンゴルへの正使として、宗室の福興(完顔承暉)を副使に従えてモンゴル平定直前のチンギス・カンの所へ赴いた。だが果縄の容貌を見たチンギスは愚鈍であると言い放ち、わざと果縄を無視して副使の福興に対応し、謁見が終わると自らの幕舎に帰った。かつてない屈辱を受けた果縄は帰朝後、章宗に対して野粗で野蛮なモンゴル族を滅ぼすべきであると直訴している。

章宗が崩御する間際、6人の皇子を夭折させていた章宗は、親密で年齢が近い叔父である果縄を後継者に指名して崩御した。こうして果縄は皇帝に即位することとなった。

衛王即位の報を聞いたチンギスは、暗愚な果縄の即位を吉報とし、仇敵の金を滅亡させる好機であると考え、遠征の準備に着手した。なお、チンギスは衛王の皇帝即位の報を聞いた際に「中国の皇帝は天上の人がなると思っていたが、衛王ごときでもなれるとは。あんな愚か者に何ができるか」と言って南に向かって唾を吐いた(金はモンゴル人たちから見れば南の方にあるため、それにあてつけたもの)と今に伝えられている。また、果縄もモンゴル軍の来襲に備え、準備を調えた。

大安3年(1211年)春、チンギスは本拠地に2000騎程を留め、残るモンゴル軍全軍を率いて金遠征に動き出した。騎兵の持つ長所を最大限に活用し、華北地方を縦横無尽に駆け回るモンゴル軍の侵攻に対して、果縄は有効な対策が取れずにいた。果縄は定薛将軍に命じてモンゴル軍侵攻の防御に当たらせたが、定薛将軍を初め金軍は敗北、壊滅した。またの旧宗族(広義の皇族)であった契丹人の耶律留哥が自ら遼王と称してモンゴル軍に呼応し、謀反を起こしている。

至寧元年(1213年)8月、敗戦責任を追及されることを恐れた将軍胡沙虎の兵乱により、果縄は幽閉された。翌月に胡沙虎の命を受けた宦官の李思中によって毒殺された。

政権を奪取した胡沙虎は海陵王の例に倣い、果縄の帝号の剥奪を計画した。朝廷内には果縄に同情的な勢力が存在することから、東海郡侯への降格が決められた。しかし胡沙虎が殺害された後の貞祐4年(1216年)、即位直前の衛王に復されて「」の諡号が追贈されている。衛紹王の娘である哈敦(ハトン)公主は跡を継いだ従兄の宣宗の命で、モンゴルへと下嫁した。皇太子であった息子の従恪は、父が毒殺された後も20年間幽閉され続けたが、天興3年(1234年)の金滅亡時にモンゴル軍によって処刑されている。

宗室[編集]

妻妾[編集]

  • 欽聖王后徒単氏
  • 袁貴妃

[編集]

(徒単氏の子)

(袁氏の子)

[編集]

  • 岐国公主(哈敦)