血色素尿症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

血色素尿症(けつしきそにょうしょう、hemoglobinuria)とは尿中に血色素(ヘモグロビン)が出現する状態。ヘモグロビン尿症とも呼ばれる。短時間に大量の赤血球が破壊されると、肝臓脾臓の処理能力を超えるため、ヘモグロビンが血漿中に溶出し、腎臓から排出するために生じる。通常は貧血黄疸を伴う。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104