血の盟約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

血の盟約(スペイン語:Pacto de sangre、英語:Blood compact)は、フィリピンの伝統儀式で、親交や約束を強化するために互いの手首を切り、血を器に入れてワインなどと混ぜて飲む[1]

有名な例には1565年、ボホール島サンドゥゴ英語版でのミゲル・ロペス・デ・レガスピとダトゥ・シカツナとの間の儀式、またフェルディナンド・マゼランラージャ・フマボン英語版との儀式がある[2]フィリピン独立革命期のカティプナンでも実施されたが、血によるものでなく、署名によるものだった[3]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]