蠅叩き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


蠅叩き(はえたたき)は、おもに屋内でハエゴキブリなどの害虫を叩いて駆除する道具

概要[編集]

 最近は樹脂製のものが多いが金属製のものもある。かつてはシュロ製で、また、「はえうち」,「はいうち」(福岡)ともいい、江戸時代慶長年間の『童蒙先習』には「直なる物。棕櫚....葉は蠅うちに」とある。

 虫を叩き潰す部分は広く平らな形状となっており、蠅叩きを振り下ろした際の風圧で小さな虫を吹き飛ばしてしまわないように網目状になっている。また、柄の部分は持ちやすいように細くなっている。樹脂製の製品では末端部(吊り下げ穴などが設けられる部分)に叩いた後の虫の死骸をつまむため、取り外し式の樹脂製のピンセットを内蔵しているものも多いが、この樹脂製のピンセットは本体と同色の樹脂製であることがほとんどで製品全体が一体化されていることから、末端部にピンセットが付属されていることについて知られていないことも多い。棕櫚で作られたものはプラスチックス製よりも捕獲率が良いようである。ランダムな編み具合で空気の乱れが生じ風圧が一定でないために捕獲率が高いと考えられる。棕櫚のしなりが捕獲率を高めているかも知れない。また,蝿,蜂など小物は編まれた棕櫚の間に挟んで摘むことができる。さらに,編まれた棕櫚で叩かれると完全に潰れることが少ない。

 形状は同じで柄の部分に電池を内蔵し、叩く部分(金属メッシュ)に電気が流れる製品もあり、このタイプの製品では空気中を飛んでいるハエやカに対してラケットのように振りおろし通電部を接触させるだけで虫を撃退することができる。

 現代の日本においては、害虫を直接叩き潰すことから衛生的ではないとされ、殺虫剤の発達や家庭における衛生環境が向上したことなどから、見かけることが少なくなった。ただ、殺虫剤を振りまくのがはばかられる場所、例えば台所食卓では重宝する。

派生語[編集]

 形が漢字の「甲」の字に似ていることから、昭和初期の学生が成績の甲乙丙の甲を表す隠語としても用いた[1]。 そのほかにも、対空兵器の俗称として、地上から敵航空機などを撃墜することから、敵航空機等を蠅に見立てて「ハエたたき」と呼ぶことがある。例:87式自走高射機関砲など。 また鉄道趣味者の間では古い形式の電柱にハエタタキの俗称を用いる。これは多数の碍子を支えるために何本もの張り出しが存在する様子が蠅叩きに似て見えるためである。

写真[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出典:米川明彦編『日本俗語大辞典(第3版)』東京堂出版 2006年 489頁

関連項目[編集]