蜜食動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
飛びながら花の蜜を吸うミドリハチドリ
フクロミツスイ(図画)
ゴクラクチョウカの花蜜を舐めるヒラオヒルヤモリen、ヒルヤモリ属の1

蜜食動物(みつしょく どうぶつ、英語: nectarivore)とは、被子植物によって生産される糖分豊かな液体(花の)を選択的に食物とする植物食動物の一群である。

蜜食を「花蜜食(かみつ しょく)」、蜜食動物を「花蜜食動物(かみつしょく どうぶつ)」とも称す。被子植物のかかわり方によって、送粉者あるいは盗蜜者に分けられる。

学名 nectarivore は、ギリシア語起源のラテン語nectar (ネクタル、=神の飲料。転じてのち、nectar、蜜))」と、ラテン語「vore (ウォーレ、=eat、食う)」から合成された造語である。

特徴[編集]

蜜食動物として挙げられるものの大多数は昆虫類であり、一部の鳥類と併せてほとんど全てと言えるほどであるが、爬虫類ヒルヤモリ属や、有袋類フクロミツスイ、翼手目の小翼手亜目(コウモリ亜目)といった哺乳類もいる。

蜜食動物のうちのかなり多くの種は盗蜜者である。蜜を摂食するに際しては長い(ふん)やを用い、花粉との接触がほとんど無いため、植物が蜜の生産の主目的とする受粉に対して貢献しない。送粉者となるものの多くは、長い摂食器官を持たない種類の動物であるが、チョウ目昆虫を送粉者とするように進化した植物もある。

具体例[編集]

蜜食動物とその関連で特筆に値するものをここに示す。

関連項目[編集]