蜘蛛駕籠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

住吉駕籠』(すみよしかご)または『蜘蛛駕籠』(くもかご)は古典落語の演目の一つ。原話は、享保12年に出版された笑話本・「軽口初賣買」の一遍である『乗手の頓作』[1]

元々は上方落語の演目で、住吉大社が舞台である。明治時代に3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。主な演者として、東京では5代目柳家小さん三遊亭小遊三上方では6代目笑福亭松鶴3代目桂米朝などが得意としている。

あらすじ[編集]

かご屋を狂言回しとしたオムニバス形式となっており、江戸と上方では客の種類や行動が若干異なっている。今回は江戸落語での演出に準拠[2]

導入部[編集]

夕暮れ時、鈴が森近くで客待ちしている雲助が二人。

稼ぎ時だというのに、なぜかこの籠だけなかなかなかなかお客が捕まらない。

と、いうのも、二人のうちの一人…この前入ったばかりの新米が、物凄い頓珍漢だったのだ。

ついさっきも、兄貴分が用を足しに行っている間にお客を捕まえ、籠に乗せたまではよかったのだが、この『客』というのがすぐ横にある茶店の主。

無理やり籠に押し込んで、「まごまごしてやがると、二度とここで商売させねえからそう思え」などと怒鳴られてしまった。

このことで兄貴分が説教しているうちに、周りの雲助はみんな客を捕まえていなくなってしまっていた…。

その一[編集]

最初にやってきたのは、身なりのしっかりしたお

「お駕籠は二丁であるぞ」
「有難うございます!!」

前の駕籠がお姫さま、後ろの駕籠がお乳母様。…。

てっきり上客と思い、喜び勇んで仲間を呼びに行きかけたら

「そのような駕籠が通らなかったか」

その二[編集]

「高い山から 低い山見れば 高い山のほうが 如何したって高い♪」

次に来たのは酔っ払い。

ほうっておけという兄貴分の忠告を無視して、新米が声を掛けると早速絡まれてしまった。

川崎の大師様におまいりに行って、帰りに船に乗ろうと六郷の渡しまで来ると、後ろから女の声で『あーら熊さん、あーら熊さん』って呼ぶじゃぁねえか。それが幼馴染の辰公んとこの女房で、彼女に誘われて幼馴染のところに遊びに行きご馳走になったんだ。で、帰りがけに船に乗ろうと六郷の渡しまで来ると、後ろから女の声で『あーら熊さん、あーら熊さん』って呼ぶじゃぁねえか。それが幼馴染の辰公んとこの女房で、彼女に誘われて幼馴染のところに遊びに行きご馳走になったんだ。で、帰りがけに…」


話が堂々巡りになってなかなか進まない。おまけに、何にも言っていないのに怒り出してしまい駕籠屋は閉口。

その三[編集]

次に来たのは威勢の良いあんちゃん。な姿で、踊りながらやってくる。

兄貴分が手本を見せてやるといい、お客のノリに合わせて「駕籠屋でござい!」

「駕籠屋 駕籠屋 お駕籠を持っといで♪」

しめたとばかりに運んでいくと

「駕籠屋 駕籠屋 乗ってやる代わりに駕籠屋も踊れ♪」

踊ればご祝儀がもらえると思い、お客の音頭にあわせて踊りだす。

しばらく踊っているうちに暗くなってきたので

「旦那 旦那 そろそろお駕籠に 乗ったらどうでしょ?」

「ウーン こりゃ 乗りたいけど 銭がない!!」

兄貴分怒って「張り倒せ! この野郎!!」

その四[編集]

『何でへんな客ばかりが来るんだよ』と文句を言っていると、置きっぱなしにしていた駕籠の中から声がする。

品川までやってくれ」

一分のところを二分くれると言い、しかも天保銭一枚別にくれるという太っ腹な客に感動した駕籠屋。
早速駕籠を担ぐが…重い。持ち上がらない。それでも何とか担ぎ上げ、ヨロヨロと歩き出した。

実はこの駕籠、中に二人乗っていたのだ。
江戸に帰るのに話をしながら行きたいが、歩くのは面倒と、駕籠屋をペテンに掛けたというわけ。

最初は静かに乗っていたが、やがて興が乗って相撲の話になり、とうとうドタンバタンと取っ組み合いを始めたからたまらない。

たちまち底が抜け、駕籠がすっと軽くなった。

変だなと思い、簾をめくるとやっぱり二人。

下りてくれと文句を言うと、「江戸に着いたらなんとでもしてやるから。修繕代は出すからこのままやれ」。

担げませんというと「オレたちも中でかついで歩くから」。

こうして、世にも不思議な珍道中が出現した。


これを見ていた街道筋の子供が

「おとっつぁん、へんな駕籠が来たよ! 駕籠屋の足が四本、かごの中から足が四本。あの駕籠なに!?」

「うーん、あれが本当のクモ駕籠だ」

演題の由来[編集]

『クモ駕籠』とは本来、雲助の駕籠の意味で『雲駕籠』とも書いた。

そのいわれは、雲のように居所が定まらないからとも、蜘蛛のように網を張って客をつかまえるからとも言われている。

このと、虫の蜘蛛とを引っ掛けてタイトルがついたというわけ。

「駕籠」・「駕籠屋」の出てくる落語[編集]

  • 「駕籠」が出てくる噺
    • 珍しく往診を頼まれた藪医者が、汲み取り屋を駕籠かきに仕立てて往診する「ちしゃ医者
  • 「駕籠屋」が出てくる噺
    • 尊皇攘夷だとか何とか大騒ぎしている幕末。吉原にどうしても行きたい男が、とんでもない格好で駕籠に乗る「蔵前駕籠
    • 「死ぬ」と予言されて大散財し、その予言が外れてひどい目にあう男が主人公の「ちきり伊勢屋
    • 駕籠屋に狐と勘違いされた侍が、そのままジョークで狐を演じる「紋三郎稲荷
    • 上方落語の「小倉船」では、海中の猩猩が駕籠屋となり、主人公に駕籠を勧めるが「酒手に高くつく」といって断られる。

類話 「雀駕籠」[編集]

「導入部」~「その三」までは一緒。

スピードがあまりに速いので、『宙を飛ぶようだから宙=チュンで雀駕籠』という駕籠屋の自慢を聞いた客が、無理やり駕籠屋にいろいろな鳥の鳴きまねをさせ、 「今度はウグイスでやってくれ」

「いえ、ウグイスはまだ籠(=駕籠)慣れしておりません」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 実話だという説もあり、モデルとなったのは大坂・船場の豪商、河内屋太郎兵衛だといわれている。
  2. ^ 上方では、舞台は住吉大社で、夫婦連れが駕籠屋をからかったり、酔っ払いがかごに酔って戻してしまうくだりなどがある。