蛇腹楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蛇腹楽器の一種である、ダイアトニック式のボタン・アコーディオン

蛇腹楽器(じゃばらがっき)は、手で「ふいご」状の蛇腹を動かすことで楽器の中に空気を出し入れしてフリー・リードを鳴らす気鳴楽器の総称。英語の俗語でsqueezebox(直訳すると「圧搾箱」)、ドイツ語でHandzuginstrument、中国語で“手风琴”(手風琴)[1]と総称される一群の楽器を指す。具体的には、アコーディオンスタイリッシュハーモニカバンドネオンコンサーティーナ等が含まれる。蛇腹楽器のサイズや形状は多種多様であるが、基本形は同じである。ふいご状の蛇腹の左右に「箱」がついている。楽器は、両手で抱えるようにもつ。箱には鍵盤やボタンが並んでおり、それぞれの空気穴を指で開閉することで、フリー・リードの音を鳴らす。[2]

蛇腹楽器の多くは、コンサーティーナもバンドネオンも、ボタン式鍵盤を備えている。アコーディオンやスタイリッシュハーモニカは、ボタン式の他に、ピアノ式鍵盤を備えたタイプもある(日本国内ではピアノ式鍵盤のアコーディオンが主流だが、外国ではむしろボタン式アコーディオンも普及している)。

アコーディオンは「鍵盤楽器」にも分類される。しかし日本語で「鍵盤」と言うと、辞書的な定義はともかく、通常は狭義の鍵盤、すなわちピアノのような細長い板状の鍵盤のみを指す。そのため、ボタン式アコーディオンやバンドネオン、コンサーティーナを含めて一概に「鍵盤楽器」と呼ぶのは、庶民感覚の日本語としては不自然さを免れない。

また、ピアノもアコーディオンも同じ「鍵盤楽器」であるが、打弦楽器であるピアノと、フリー・リード楽器であるアコーディオンでは、音色も演奏のフィーリングも、楽器の製造や修理・メンテナンス・調律の方法も、全く異なる。運指上は「鍵盤楽器」という分類は便利であるが、実用的分類としては「蛇腹楽器」というくくりかたが便利である。

蛇腹楽器の一種、コンサーティーナ。両手で蛇腹を押したり引いたりして演奏する。

アコーディオンやバンドネオン、コンサーティーナは、それぞれ楽器の形や運指法が大きく異なるにもかかわらず、演奏にあたっては蛇腹の押し引きの加減による演奏テクニック「ベローイング」が重要であるなど、共通性も大きい。実際、例えばタンゴ音楽の伴奏で、バンドネオンの代わりにピアノ式鍵盤アコーディオンを使うことも、よく見られる。

楽器業界においても、アコーディオンの販売・修理を手がける楽器店が同時にバンドネオンやコンサーティーナも扱うなど、楽器の流通面でも蛇腹楽器としてのまとまりが存在する。

上記のような理由で、楽器メーカーや楽器店、演奏者は、楽器の構造と実態に即した「蛇腹楽器」という実用的分類をよく使う傾向がある。[3]

脚注[編集]

明治時代の本の手風琴の図。
  1. ^ 日本語「手風琴」(てふうきん)も、中国語“手风琴”(手風琴)も、本来は(1)アコーディオン、(2)蛇腹楽器、の二つの意味がある。しかし中国では、欧米と違い、バンドネオン(中国語で“班都尼昂琴”)やコンサーティーナ(中国語では定訳が無く“六角风琴”“六角形手风琴”等と訳される)を弾く人は少ないため、単に「手風琴」と言うと、普通はアコーディオンだけを指す。また現代の日本で「手風琴」と言うと、明治から昭和初期にかけて「オイチニの薬屋さん」が使っていたような、古い小型のダイアトニック式の蛇腹楽器、というイメージがある。
  2. ^ 蛇腹をもつ気鳴楽器であっても、持ち運べる小型パイプオルガン「ポルタティフ」(w:en:Portative organ)や、日本の小学校でよく見かける「足踏みオルガン」(リードオルガン)、インド音楽の「ハルモニウム」などは、この基本形からはずれるため、通常「蛇腹楽器」の範疇には含めない。
  3. ^ 谷口楽器 タニグチサンデートーク 加藤徹氏「コンサーティーナについて」

関連項目[編集]