虫垂癌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

虫垂癌(ちゅうすいがん、英語:Appendix cancerまたはappendiceal cancer)とは、虫垂にできる癌腫である。ICD-10ではC48.2,C78.6に分類される。罹る人は少ない。

虫垂癌は、腹膜播種しやすく、虫垂粘液嚢腫腹膜偽粘液腫を引き起こし易い。盲腸低分化腺癌と表記されることもあるが、分類上は同じ種類の癌である。虫垂は大腸の一部分であることから、大腸がんの一種とも言える。

治療法[編集]

発見されているときにはすでに腹膜へ転移していることが多いことから、外科手術により虫垂および転移箇所を除去した上で化学療法を行う。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]