蘇ケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「蘇蕙」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
蘇蕙 / 『晩笑堂竹荘畫傳』より

蘇 蕙(そ けい、生没年未詳)は、五胡十六国時代の中国女性で詩人

生涯[編集]

始平郡の人。字は若蘭。若くして文才あり。苻堅の治めていた時代の前秦にいた竇滔に嫁ぐ。夫の滔が秦州刺史となり流沙に赴任することになるが、別に妾を連れて行き正妻の蕙を伴わなかった。蕙は思慕の念に耐えきれず、錦を織り、「廻文旋図の詩」をその中に織りこんで贈った。その文は順に読んでも逆に読んでも平仄や韻字の法則にかない、循環させて読むことができた。およそ840字でできたその文は絢爛多彩で、はなはだ凄艶であったという。現存はしていないが、これが後に流行した廻文の始まりであるという。その錦に織られた文を読んで感動した夫は妾を関中に送り返し、蘇蕙を呼び寄せたともいう。

文献[編集]

  • 『晋書』96
  • 官周『晩笑堂竹荘畫傳』