藤田行政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
藤田行政
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕
死没 天正10年6月14日1582年7月3日
別名 伝五、伝五郎
主君 明智光綱明智光秀
兄弟 行政藤田行久
藤田秀行

藤田 行政(ふじた ゆきまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将明智光秀の重臣。明智五宿老の1人と伝わる。通称は伝五郎または伝五。

略歴[編集]

光秀の父・明智光綱の代から仕えたとされるが、前半生は不明点が多い。光秀とともに畿内を転戦し、山城国静原山城主。のち光秀が本能寺の変を決意した際、明智秀満斎藤利三らとともに、いち早くその決意を打ち明けられた重臣の1人であった(『信長公記』)。

本能寺の変では明智光忠溝尾茂朝とともに第二陣4000を率いた。変後、大和郡山城筒井順慶を、明智方に与力するよう勧誘すべく郡山まで赴いたが、日和見の姿勢に終始する順慶を説き伏せることはできなかった。

山崎の戦いでは明智軍右翼隊を率い、体中六箇所に負傷し、まで退却。翌日勝龍寺城陥落の報に接し、自刃して果てた。

関連項目[編集]