藤田左弌郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじた さいちろう
藤田 左弌郎
生誕 1886年4月15日
日本の旗 日本 山口県柳井市
死没 1976年5月7日(90歳)
宗教 バハーイー教

藤田 左弌郎(ふじた さいちろう、1886年 - 1976年)は、山口県柳井市出身のバハイ教徒。イスラエルハイファバハイ世界センターにおいて、アブドゥルバハーショーギ・エフェンディー、そして後に万国正義院のもとで長らく奉仕活動に携わった。

カリフォルニア州オークランド高等学校在学中、1905年頃バハイ教徒となった。1912年には北アメリカを訪問中のアブドゥルバハーと出会い、1919年にハイファに招かれ万国正義院の庭園設計造園を始めた。彼はその後、第二次世界大戦中に日本へ帰国した時期を除いて1976年に亡くなるまで、ハイファのバハイ教寺院の造園と庭園の整備維持を続けた。

現在、ハイファにある見事な西洋式庭園は、彼が生涯をかけて仕上げた。

彼の墓標にはこう記されている:

”Thou wilt render a great service and this will become the cause of thy everlasting glory.” — Abdu'l-Bahá

訳: 「汝の大いなる奉仕が、汝の不朽の栄光の基とならん」 ーアブドゥルバハー

参考文献[編集]

関連項目[編集]