藤沼ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤沼ダム
藤沼ダムの空中写真(2009年撮影。決壊前の状態)
所在地 左岸:福島県須賀川市江花
位置 北緯37度18分07秒
東経140度11分43秒
河川 阿武隈川水系江花川
ダム湖 藤沼貯水池
ダム諸元
ダム型式 アースダム
堤高 17.5 m
堤頂長 133.0 m
堤体積 99,000
流域面積 8.8 km²
湛水面積 20 ha
総貯水容量 1,504,000 m³
有効貯水容量 1,504,000 m³
利用目的 灌漑
事業主体 江花川沿岸土地改良区
施工業者 庄司建設
着工年/竣工年 /1949年
出典 [1]
テンプレートを表示

藤沼ダム(ふじぬまダム)は、日本福島県須賀川市江花にある、江花川(阿武隈川水系)の支流・簀の子川(すのこがわ)[2][3] に建設された灌漑用ダムである[1]ダム湖の正式名称は藤沼貯水池(ふじぬま ちょすいち)[1]であるが、報道では藤沼湖(ふじぬまこ)と記される場合もある。

2010年平成22年)3月11日には「藤沼貯水池(藤沼湖)」の名で農林水産省の「ため池百選」に選定された[4]

概要[編集]

1949年昭和24年)竣工のアースダム(土堰堤)[1]で、灌漑用ダムとして約837ha2010年代)の水田を潤す[5]福島県が設置し、地元の土地改良区(江花川沿岸土地改良区)が管理している[1]

ダム湖周辺は自然公園として整備されており、キャンプ場、バーベキュー場などがある。

過去2度の補修工事が行われていたが、2011年平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で堤が決壊し、流域で被害が発生した(後述)。

年表[編集]

災害と対策[編集]

東日本大震災[編集]

決壊した藤沼ダム(2011年5月25日)

2011年平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震cf. 東日本大震災)では、北東部にある高さ18m、長さ133mのが地震直後に決壊し、約150万t の水が流出し、多くの樹木を巻き込んだ鉄砲水となって下流にある居住地域を襲った[5]。 下流の長沼地区および滝地区では、死者7人、行方不明者1人、流失もしくは全壊した家屋19棟、床上床下浸水家屋55棟という被害を出し[5][6]田畑土壌も多くが流失した[5]東北大学大学院工学研究科の調査チームを率いる風間聡は、堤の状況や住民の証言に基づき、地震動によって堤は一気に崩れたのに違いないと言う[5]。また、同チームはダムの下流約500mに位置する滝地区で高さ2mを越える泥水の痕跡を発見しており、水の力そのもの以上に流木による破壊が激しかったと考えられる[5]。なお、決壊直後の濁流を地元住民が携帯電話で動画記録している[7]

農林水産省[2]、および、学術団体などで構成する日本大ダム会議[5]によると、地震による貯水池・農業用ダムの決壊で死傷者が出たのは[2][5]1930年昭和5年)以降、世界で報告例が無く、極めて稀な災害であるという[5]cf. ダムの事故en:Dam failure])。事態を重く見た農林水産省は、全国1,090箇所の貯水池・農業用ダムの被災状況を都道府県を通じて照会し、結果、青森県岩手県宮城県福島県茨城県栃木県群馬県の6県で86箇所の貯水池・農業用ダムに被害が出ていたことが判明した[2]

被災後、藤沼ダムには水がほとんど残っていない[5]。また、政府の第一次補正予算では、東日本大震災で決壊した貯水池・農業用ダムの補修費用は1億1400万円しか手当てされず[2]梅雨の時期(6月)を迎えても藤沼ダムにはブルーシートで覆う程度の応急処置しかなされていないことから、集中豪雨台風による増水がさらなる被害につながるのではないかと危惧されている[2]。灌漑地域では水田作りに支障が出ているが、再建の是非について地域住民の意見は複雑で、農業用水の必要性から早期の復旧を望む声と、用水の必要性を認めながらも同じ場所での補修を危険視する意見、そして、ダム不要論がある[5]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 藤沼ダム”. ダム便覧(公式ウェブサイト). 日本ダム協会. 2011年4月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “東北・関東7県で貯水池、農業用ダムの損傷86カ所 補修予算わずか1億、不安募る梅雨”. MSN産経ニュース(ウェブサイト) (産業経済新聞社). (2011年6月10日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110610/dst11061001310002-n1.htm 2011年6月13日閲覧。 
  3. ^ 福島県内の河川. 渓流. 渓谷と渓流釣りの情報一覧”. 福島百選(ウェブサイト). 福島百選. 2011年6月13日閲覧。
  4. ^ a b ため池百選一覧”. (公式ウェブサイト). 農林水産省 (2010年3月31日). 2011年7月5日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k “その時 何が (5) ダム決壊(須賀川)”. KoLnet(河北新報ウェブサイト) (河北新報社). (2011年5月18日). http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1072/20110518_01.htm 2011年5月18日閲覧。 
  6. ^ “ダム決壊で8人不明 家屋流される 福島・須賀川市”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年3月12日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110312/dst11031205010058-n1.htm 2011年3月12日閲覧。 
  7. ^ 土木学会東日本大震災被害調査団(地震工学委員会)緊急地震被害報告会 2011年4月11日 ※動画の12分30秒付近

関連項目[編集]

外部リンク[編集]