藤本四八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじもとしはち
藤本四八
生誕 1911年明治44年)7月25日
長野県飯田市松尾
死没 2006年8月19日
北海道小樽市
死因 脳出血
国籍 日本の旗 日本
職業 写真家
受賞 #受賞・受章を参照

藤本 四八(ふじもと しはち、1911年明治44年)7月25日 - 2006年8月19日)は、日本の写真家。古美術を撮影した写真作品で知られる。兄は美術雑誌・美術本編集者の藤本韶三

略歴[編集]

受賞・受章[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1996年(平成8年)の著作権法改正により「写真の公表後50年」から「著作者の死後50年」に改正された。

写真集[編集]

  • 『若狭古寺逍遥』ぎょうせい、2000年、ISBN 4324007675
  • 『日本の塔』平凡社、1996年、ISBN 4582830226
  • 『白山―信仰と芸能』朝日新聞社、1980年
  • 『三熊野』学習研究社、1978年
  • 『仏像を撮る』朝日ソノラマ、1977年

(他多数)

参考文献[編集]

  • 石川保昌編著 『報道写真の青春時代 - 名取洋之助と仲間たち』 講談社、1991年、ISBN 406205051X
  • 白山眞理・堀宜雄編 『名取洋之助と日本工房(1931-45)』 岩波書店、2006年、ISBN 4000241567

外部リンク[編集]