藤岡屋日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤岡屋日記』(ふじおかやにっき)は、江戸時代末期の江戸を中心とした事件や噂などを須藤(藤岡屋)由蔵が詳細に記録した日記を編年でまとめたもの。全152巻150冊。採録時期は文化元年(1804年)から明治元年(1868年)までの65年間に及ぶ。日記原本は、関東大震災で焼失した。

藤岡屋由蔵は上野国藤岡出身で江戸へ上り人足となった後、神田の御成道(おなりみち、現在の秋葉原周辺)で路上に筵を敷き、露天で古書店(貸本屋とも)を始める一方、江戸市中の事件や噂・落書などの記録に精を出し、それらの情報を諸藩の記録方や留守居役に提供して、閲覧料で生計を立てる情報屋のはしりとなった。そのため「御記録本屋」の異名を取ったという。

『藤岡屋日記』は、町触や幕政の記録、火災・飢饉などの被害状況(特に安政大地震は詳しい)、出開帳・芝居・見せ物などの評判、町民の噂、錦絵・瓦版などの出版物やその統制、殺人・強盗・喧嘩などの事件、さらには幕末期の軍事行動にいたるまで、江戸住民から集めた情報を詳細に記録しており、同時代を研究する上での貴重な史料となっている。藤岡屋由蔵はこれらの情報を有料で売買しており、情報屋の元祖とも言われる。

現在では、三一書房版全15巻が刊行、解説に鈴木棠三『江戸巷談藤岡屋ばなし』(正・続、ちくま学芸文庫)がある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]