藤岡千尋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤岡 千尋(ふじおか ちひろ、1959年10月24日 - )は日本のゲームクリエイター。 アルファドリーム取締役開発部長。元スクウェア大阪開発部長。

略歴[編集]

1983年クリスタルソフトに入社。資材管理を経て開発職へ。プログラムやプロデュースだけに留まらずサウンドを担当するなど、多彩な才能を見せる。数少ないPC-6001オリジナルタイトルであるリザードでは、サイドビューによるアクション戦闘を採用し、テイルズ オブ シリーズなどに繋がるシステムの基礎を作り上げた。

1990年、クリスタルソフトがT&E SOFTに吸収されるのを期に、井手康二笹井隆司ら他のスタッフとスクウェアへ移籍。そのまま大阪開発部の部長を務める事になる。1994年に東京本社へ異動した際に任天堂との共同開発であるスーパーマリオRPGのディレクターを担当。これが後に、アルファドリームにおける任天堂との共同開発のきっかけとなる。

1996年デジキューブに移籍し、コンビニエンスストア販売のソフトを制作した後独立。1998年ヘッズアンドシェルを設立する。同社は現在も存在するようだ。

2000年、他の元スクウェアスタッフと共にアルファドリームを設立。現在は任天堂の下請けとして開発指揮を担当している。

かつては音楽活動も行っており、ミスターシリウスというバンドでドラムを担当していた事も。その関係からファイナルファンタジーXでは同バンドのメンバーである釜木茂一と共にOtherworldに参加。奇しくも古巣スクウェアの作品で再びスティックを握る事となった。(その際、田辺千尋という名でクレジットされているが、その理由は不明である)

2009年、現在は本業のソフト開発の傍ら、パーカッショニストとして様々なバンドに参加している。

作品[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]