藍摺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藍摺の作例。沢雪嶠画。

藍摺(あいずり)とは、江戸時代の浮世絵における様式のひとつ。藍絵(あいえ)、藍摺絵(あいずりえ)ともいう。

濃淡の藍色のみで、あるいはこれに少量の黄色を限定的に加えて作画したものをいう。実際には濃淡に分けた藍色で版を重ねた錦絵の一種であり、また歌川広重の「両国の宵月」のように、藍の上にさらに紅を加えた作もある。文政1818年1830年)末に当時「ベロ藍」と呼ばれたペルシャ藍(プルシアンブルー)が大量輸入されると、文政12年(1829年)から狂歌摺物に多く用いられるようになった。それを見て渓斎英泉は藍のみの諧調を使用し、風景画団扇絵を制作したところ、その斬新な色調が大衆の人気を得た。

天保の改革による奢侈禁止令の結果、錦絵の彩色が制限されたのを背景に1830年代から作られ始め、強い藍による清新な感覚が受け大流行となった。葛飾北斎の「冨嶽三十六景」などは代表作とされ、同じく北斎の「鶯 垂桜」の作例もある。

参考文献[編集]

  • 日本大辞典刊行会編 『日本国語大辞典』(第1巻) 小学館、1987年
  • 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 大修館書店、1987年
  • 稲垣進一編 『図説浮世絵入門』〈『ふくろうの本』〉 河出書房出版、1990年
  • 『日本歴史大事典』(第1巻) 小学館、2000年 ※「藍摺」の項

関連項目[編集]