薬物乱用頭痛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
薬物乱用頭痛
分類及び外部参照情報
ICD-10 G44.41, G44.83
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

薬物乱用頭痛 (やくぶつらんようずつう, Medication overuse headaches, MOH)・リバウンド頭痛は、鎮痛薬を頻繁に摂取することで発生する頭痛。リバウンド頭痛は一日中発生し、非常に痛みを伴い慢性化する。 典型的には、偏頭痛緊張性頭痛のため急性頭痛薬を過剰摂取することが慢性化したことで、時間をかけて転換していったものである。

MOHは深刻であり、生活への支障が大きく、とても特徴的な症状である。MOHは世界的な問題であり、現代の頭痛の3番目に多い症例である。MOH有病率は人口ベースの研究では一般的に人口の1-2%と報告されている。相対的頻度は2次的、3次的ケアに高い。

分類[編集]

薬物乱用頭痛はICHD(International Classification of Headache Disorders, 国際頭痛分類)上で認識されている[1]

英国国立医療技術評価機構(NICE)のCG150勧告では、アセトアミノフェンアスピリンNSAIDを単独または併用の服用が、月に15日以上ある状態が3ヶ月以上続く場合、薬物乱用性頭痛の可能性が疑われるとしている[2]

原因[編集]

このタイプの頭痛は、多々の薬物の頻繁な使用によって引き起こされる。一例に、トリプタンエルゴタミン鎮痛薬オピオイドがある[1]

MOHを引き起こすメカニズムは広くは分かっておらず、影響の明細は研究実験や適切な動物実験モデルが無いために進んでいない。 遺伝的気質・受容体と酵素の生理機能とレギュレーション、心理学および行動的要因、身体的依存関係、最新の機能イメージング分析などで、様々な病態生理学的な異常項目が報告されており、慢性的な頭痛の発症と継続に重要な役割があると考えられている。

治療[編集]

MOHは一般的であり治療可能である。過剰投与薬物は患者の頭痛を解決するために断薬すべきである。臨床データによれば、予防治療を開始したのちに、ある時一気に突然の断薬を行うのがよいと示している。NICEは過量服薬を一気に中止しそれを最低一ヶ月以上断薬すること、かつ徐々の減薬よりも即時の完全断薬を推奨している[2]

しかし過剰服薬薬物を中断すると、たいてい頭痛や薬物離脱症状の悪化が起こるため(これまで薬物の過剰投与に大きく依存している場合、これらの症状は典型的には2-10日間は継続する。過剰投与薬物をまた服用すれば解消される)、過剰服薬行動を再強化することになりかねない。身体的依存反跳作用(リバウンド頭痛など)が出現するのであれば、徐々の減薬も検討が必要であろう[3]

医学的に顕著な身体的離脱症状を引き起こす可能性がある場合、一気に断薬する前に担当医師によく相談することが大事である。例えばブタルビタールを一気に断薬すると、ある患者では実際に発作を引き起こす可能性がある。単純なOTC市販薬などであれば、医師の指導無しに安全に断薬できるであろう。 長時間作用型の鎮痛抗炎症薬(ナプロキセン, 500 mg/1日2回など)は、離脱期間中の頭痛緩和に使用できるであろう[4][5]

典型的なMOH患者は、2ヶ月間の断薬離脱症状期間に苦しんだあと、たいてい片頭痛やその他の頭痛の頻度と強度が著しく低下していることは注目される[6]

各国で薬物離脱は難しい問題となっている。ほとんどの医師は入院プログラムを好むが、いくつかの薬物離脱については単純MOHの患者は外来にて治療できている。(深刻な併用疾患がない場合、オピオイドやergotaminics乱用ではなく、初期の解毒段階である場合) MOH患者での予防剤の選択は、一次性頭痛タイプ(片頭痛またはTTH)、薬物の副作用、患者の病態と現状、患者の好み、以前の治療経験などに基づくべきである。

45%以上の患者が再発により初期の頭痛が再発し、薬物乱用に戻るというエピソードは注目に値する。

再発予測については、MOHに発展した一次性頭痛のタイプ、乱用薬物の種類などが影響すると考えられる。(鎮痛薬、鎮痛薬の組み合わせ、特にバルビツール酸または抗不安薬を含む薬は非常に高い再発率をもつ)。性別、年齢、病気、病気の期間、予防治療が行われる前の摂取量は、再発率を予測する傾向を持たないと思われる。

MOHは、薬物の過剰摂取による併存疾患リスクの可能性が十分に考慮されていないことが、明らかに障害の原因である。MOHは過剰使用薬の離脱と、離脱期間について医師と患者の密接なアプローチ関係の形成によって治療することが可能である。

予防[編集]

歴史[編集]

リバウンド頭痛はDr. Lee Kudrowによって初めて報告された[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 216.25.100.131 (PDF)”. the Headache Classification Subcommittee of the International Headache Society. 2011年6月10日閲覧。
  2. ^ a b 英国医療技術評価機構 2012.
  3. ^ de Filippis S, Salvatori E, Farinelli I, Coloprisco G, Martelletti P (2007). “Chronic daily headache and medication overuse headache: clinical read-outs and rehabilitation procedures”. Clin Ter 158 (4): 343?7. PMID 17953286. 
  4. ^ Silberstein, Stephen D. & McCrory, Douglas C. (2001) "Butalbital in the Treatment of Headache: History, Pharmacology, and Efficacy." Headache: The Journal of Head and Face Pain 41 (10), 953-967.
  5. ^ Loder, Elizabeth & Biondi, David (2003) "Oral Phenobarbital Loading: A Safe and Effective Method of Withdrawing Patients With Headache From Butalbital Compounds." Headache: The Journal of Head and Face Pain43(8), 904-909.
  6. ^ Zeeberg P, Olesen J, Jensen R (June 2006). “Probable medication-overuse headache: the effect of a 2-month drug-free period”. Neurology 66 (12): 1894?8. doi:10.1212/01.wnl.0000217914.30994.bd. PMID 16707727. http://www.neurology.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=16707727. 
  7. ^ Kudrow L (1982). “Paradoxical effects of frequent analgesic use”. Adv Neurol 33: 335?41. PMID 7055014. 

参考文献[編集]

  • Diener H-C, Limmroth V. Medication-overuse headache: a worldwide problem. Lancet Neurol 2004; 3:475-83.
  • Katsarava Z, Limmroth V, Finke M, Diener HC, Fritsche G. Rates and predictors for relapse in medication overuse headache: a 1-year prospective study. Neurology 2003; 60: 1682-1683.
  • International Headache Society. The International Classification of Headache Disorders: 2nd Edition. Cephalalgia 2004; 24(suppl 1):9?160.
  • Olesen J, Bousser MG, Diener HC, et al. New appendix criteria open for a broader concept of chronic migraine. Cephalalgia 2006; 26: 742-6.
  • Sances G, Ghiotto N, Galli F, Guaschino E, Rezzani C, Guidetti V, Nappi G. Risk factors in medication-overuse headache: a 1-year follow-up study (care II protocol). Cephalalgia. 2009 Jul 13. [Epub ahead of print].
  • Silberstein S, Olesen J, Bousser MG, et al. The International Classification of Headache Disorders. 2nd ed. (ICHD-II). Revision of criteria for 8.2 medication-overuse headache. Cephalalgia 2005; 25:460?465.
  • 英国国立医療技術評価機構 (2012-09). Headaches (CG150) (Report). http://www.nice.org.uk/CG150. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]