薪伝実験劇団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

薪伝実験劇団(しんでんじっけんげきだん)は、演出家のオウ・チュウ(ワン・チョン、王翀)を中心に2008に結成された、北京の実験的な劇団。現在までに17作品を上演しており、中国、香港、台湾、韓国、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、オランダ、ノルウェー、オーストラリアなど各国で巡回公演を行い、中国とアメリカのマスコミと学術界にも注目された。『e-Station』はモンローリエ国際演劇節大賞にノミネートされている。中国でもっとも活躍な芸術団体の一つである。

2013年12月、新作の『地雷戦 2.0』はFestival/Tokyoアワードを受賞した。

公演履歴[編集]

題名 作家 初演時間 巡回公演履歴
Constellations Nick Payne 2014, 中国語初演 北京、上海
幽霊2.0 ヘンリック・イプセン 2014, 初演 ソウル、北京、上海
地雷戦2.0 オウ・ショウ 2013, 初演 東京、杭州、北京、上海、天津
愛神 趙秉昊 2013, 初演 ニューヨーク
Ibsen in One Take Oda Fiskum 2012, 初演 北京、ロッテルダム、広州、上海、オスロ、アデレード
海上花2.0 オウ・ショウ 2012, 初演 上海
The Agony and the Ecstasy of Steve Jobs Mike Daisey 2012, 中国語初演 北京、上海、蘇州、無錫、太倉
椅子2.0 オウ・ショウ 2012, 初演 利賀村、北京
雷雨2.0 オウ・ショウ 2012, 初演 北京、台北
Central Park West ウディ・アレン 2011, 中国語初演 北京、深セン、杭州、鄭州、長沙、寧波、上海、台北、天津
ハムレット・マシーン ハイナー・ミュラー 2010, 中国初演 北京、杭州、アヴィニヨン
京具 なし 2010, 初演 北京、上海
渇望 サラ・ケイン 2009, 中国初演 北京
Self-accusation ペーター・ハントケ 2009, 中国初演 北京、香港、深セン、上海、ロンドン
ヴァギナ・モノローグス イヴ・エンスラー 2009, 中国初演[1] 北京、上海、深セン、長沙、杭州、天津
e-Station なし 2008, 初演 北京、ニューヨーク、ケベック、エディンバラ、上海
アラビアの夜 ローラント・シンメルプフェニヒ 2007, 中国語初演 北京

外部リンク[編集]

脚注[編集]