薛聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
薛聡
各種表記
ハングル 설총
漢字 薛聰
発音 ソルチョン
日本語読み: せつそう
英語 Seol Chong
テンプレートを表示

薛聡(せつそう、설총(ソルチョン)、生没年不詳)は、7世紀後半から8世紀前半頃の新羅儒学者。号は于堂。

新羅時代の高僧として知られる元暁の子。当時の新羅きっての大学者で、翰林に任ぜられた。儒教の経典を新羅語(朝鮮語)で読む方法(「吐」)や、新羅語を漢字で表現する方法(「吏読」)を考案したとされる。

後世、新羅時代を代表する儒学者として尊敬を受け、孔子を祀る文廟に合祀された。