薛礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

薛 礼(せつ れい、? - 195年?)は、中国後漢時代末期の武将。

正史の事跡[編集]

姓名 薛礼
時代 後漢時代
生没年 生年不詳 - 195年建安2年)?
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 彭城国相
爵位・号等 -
陣営・所属等 〔独立勢力〕→劉繇
家族・一族 〔不詳〕

彭城国の相であったが、徐州陶謙の圧迫を受けたため、興平元年(194年)には笮融と共に、揚州刺史劉繇を盟主と仰いでいた。薛礼は秣陵城(後の呉の都、建業)を守備していたが、孫策の攻撃に屈したため包囲を突破して逃走した。薛礼は劉繇も孫策に敗れて豫章へ向かうとこれに従ったが、その途中で劉繇に叛旗を翻した笮融に殺害された。死亡年は、豫章で激しい戦乱が起きた建安2年(195年)と思われる。

物語中の薛礼[編集]

小説『三国志演義』でも薛礼は劉繇の部将として登場する。牛渚の要塞で孫策に敗北し、劉繇に処刑されそうになった張英を、笮融と共に弁護して助命する。劉繇が孫策に大敗して劉表の下へ逃れると、張英・陳横と共に秣陵に立て篭もる。しかし、攻め寄せてきた孫策軍の計略によって誘き出されてしまい、伏兵に遭って敗れ乱戦の中で戦死してしまう。

参考文献[編集]