蔵の宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

蔵の宿』(くらのやど)は、西ゆうじ原作・田名俊信作画による漫画芳文社漫画雑誌週刊漫画TIMES』で1998年9月から2010年8月まで連載された。単行本は同社の芳文社コミックスから、1999年より2009年9月までに全40巻が刊行されている。2000年にはテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

一流ホテルのアシスタントマネージャーだった神尾茜は、夫・修平と東京で暮らしていた。父・才治郎が病に倒れたとの報せが入り、茜は福井県で「蔵岡酒造」という造り酒屋を営む実家に帰省する。病床の父は、茜に酒屋を継いでほしいと懇願し急逝。茜は家を継ぐことを頑なに拒んでいたが、酒蔵を改築して旅館を開くことを思い立つ。客の疲れを癒すぬくもりのある宿を目指し、茜は旅館「蔵の宿」を開業する。

テレビドラマ[編集]

TBS系列ドラマ30」枠にて2000年10月2日から12月1日まで放送された。制作は中部日本放送(CBC)。放送時間は月曜から金曜の13:30-14:00(JST)。全9週、45回。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:友澤晃一
  • 演出:堀場正仁、大羽秀樹、佐藤和成
  • 演出補:西村信
  • 音楽:猪股義周
  • 美術デザイン:三木和彦
  • 撮影技術:長崎康弘
  • 技術:河野浩之、加藤幸稔、伊藤義之
  • 照明:森圭司、内山康輔
  • 調整:成田徹男、後藤稔彦
  • 制作進行:田中靖浩
  • 制作デスク:廣瀬幸江
  • 番組宣伝:横地晶子
  • 企画協力:堀地巌
  • ロケ協力:東京第一ホテル、原病院、福井県丸岡町、美濃市観光協会
  • 制作協力:名古屋東通、エヌ・ティー・ピー、第一舞台、若尾綜合病院
  • プロデューサー補:小柳津恵一
  • プロデューサー:山本恵三、冨永晃一

主題歌[編集]

蔵の宿 雪と花と[編集]

茜の養女・雪子を主人公とする次世代編『蔵の宿 雪と花と』(くらのやど ゆきとはなと)が、引き続き『週刊漫画TIMES』に連載された(単行本は2011年までに既刊3巻)。

原作者の西が2013年2月6日に死去したため、第122話(同年1月25日号(1月11日発売)掲載)を最後に長期中断となった(2月22日号(2月8日発売)には『蔵の花』本編過去作を再録している)。西の遺族・作画者の田名・編集部の間で行なわれた交渉を経て[1]、同年8月2日号(7月19日発売)から利根敦の脚本により再開され、同年9月6日号(8月23日発売)で最終回を迎えた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式サイト2013年4月26日付ニュース。2013年5月17日閲覧
MBSCBC 平日13時台後半(ドラマ30枠)
前番組 番組名 次番組
ディア・ゴースト
(2000.8.28 - 9.29)
蔵の宿
(2000.10.2 - 12.1)
君のままで
(2000.12.4 - 2001.2.2)