蔡牽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

蔡牽(さいけん、1761年1809年)は福建同安の人。生家は貧しく、幼少に父母を亡くした環境で育った。

乾隆59年(1794年)、飢饉により生活が困窮したことにより海賊となり、福建・浙江広東を中心に活動し、航行する船舶の貨物を強奪、また航路を封鎖し「出洋税」の徴収を行っていた。嘉慶7年(1802年)には廈門海口の大、小担山に上陸し、清軍の大砲等の強奪も行っている。

嘉慶9年(1804年)、蔡牽は台湾鹿耳門に進出、浮鷹洋で温州鎮水師を撃破した。これに対し浙江提督李長庚は出兵、定海洋で蔡牽を破った。翌年蔡牽は鎮海王を自称、台湾鳳山(現在の高雄市)に出撃し台湾府城を包囲した。嘉慶12年(1807年)、李長庚と福建水師提督張見陞は広東黒水外洋で合流し蔡牽を攻撃、蔡牽は李長庚に追い込んでいる。嘉慶14年(1809年)、李長庚の部将であった王得禄邱良功がそれぞれ福建、浙江提督に任じられると、効力して蔡牽を浙江台州漁山の外洋で攻撃した。敗北し追い込まれた蔡牽は自船を爆破し、妻子や部下250名と共に自決した。