蔡瀾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蔡瀾
蔡さん.jpg
2008年7月25日「香港書展2008」
プロフィール
出生: 1941年8月18日(73歳)
出身地: Flag of the British Straits Settlements (1874-1942).svg シンガポール
職業: 著作家
各種表記
繁体字 蔡瀾
簡体字 蔡澜
拼音 Cài Lán
注音符号 ㄘㄞˋ ㄌㄢˊ
和名表記: さい らん
発音転記: :ツァイ ラン
:チョイ ラン
テンプレートを表示

蔡 瀾(チャイ・ラン、広東語: Choi3 Laan4, 潮州語: Chùa Lāng)は、香港映画製作者、コラムニスト作家美食家日本に留学経験があり香港で多方面の事業に携わる。原籍は広東省潮州

略歴[編集]

生い立ち[編集]

イギリス領マラヤシンガポールで生まれた。父・蔡文玄は詩人で、若い頃潮安市照門蔡村から東南アジアへ移り住み、後にショウ・ブラザーズのスタジオの責任者となった。母・洪芳娉は小学校の校長だった。蔡瀾は第3子であり、幼少のときは劇場の上の階に寝泊りしていた。

14歳の時すでに一篇の文章を『南洋商報』に発表し、フランスに行き絵を学ぶことを望んでいたが、16歳の時日本に留学することを決め、日本大学芸術学部映画科に入学し、学びながらショウ・ブラザーズで働き、日本駐在マネジャーと翻訳を担当した。

映画界[編集]

1963年に当時イギリス植民地であった香港に定住し、ショウ・ブラザーズの製作マネジャーとなった。鄒文懐ゴールデン・ハーベストを創立すると、映画製作部副社長に招かれた。ゴールデン・ハーベスト時代に一連のジャッキー・チェン作品の映画プロデューサーを務め、香港映画界の発展に大きく寄与した。1990年代に日本の成人映画にあたる「三級片」と呼ばれる性描写のある映画を商業的に成功・普及させた功労者でもある。

著作・テレビ活動[編集]

1980年代に創作を始めてから多くの作品を書き、内容は食に関する旅行記を主とした。『壱週刊』と『蘋果日報』にもコラムを書いている。1990年代に人気を博した黄霑や倪匡が司会する亜洲電視のトーク番組「今夜不設防」では、友人のチョウ・ユンファ、ジャッキー・チェンなどのゲストをインタビューした。

美食家[編集]

1990年代の中頃に飲食業に進出し、「暴暴茶」や「暴暴飯焦」などを売り出した。1998年には無綫電視製作、キャセイパシフィック航空協賛の旅行グルメ番組「蔡瀾嘆世界」の司会を担当した。

1990年代にはフジテレビのグルメ番組「料理の鉄人」の審査員を務めたことで日本でも知名度を上げ、その後日本エアシステムの香港・中国路線を中心とする国際線の機内食の監修も行った。

現在[編集]

香港の黄埔花園マカオセナド広場中華人民共和国深圳の中信地鉄商場と広州恒宝広場で「蔡瀾美食坊」を開いた。中山三郷市のレストラン「水郷居」と提携し「蔡瀾月餅」を発売した。

2005年にマカオ籍を取得、マカオの身分証明書を得た。2006年に香港の中環で旅行社「蔡瀾旅遊」と精品店「一樂也」の創設を宣言した。2007年から「蔡瀾逛菜欄」などのグルメ番組の司会を担当し、『蔡瀾的生活方式』を出版。日本でも著書を出版するなど、多方面で活躍している。

作品(日本販売作の一部)[編集]

著書[編集]

  • 『香港美食大神—史上最強の香港レストランガイド』(1997年、芸神出版社)
  • 『辛口チャイランの香港ほんとうの美食ガイド』(2001年、幻冬舎)
  • 『蔡瀾の香港を丸ごと味わう—食在香港、食在蔡瀾』(2008年、菊地和男共著、河出書房新社)

DVD[編集]

  • 『蔡瀾のアジア美食市場』(1-6集)

家族[編集]

妻の張瓊文は映画プロデューサー。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]