葦毛湿原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
葦毛湿原

ウオッちず Google Map 葦毛湿原の位置

葦毛湿原(いもうしつげん、Imou bog)は、愛知県豊橋市岩崎町にある湿原。愛知県指定の天然記念物1992年2月28日指定)[1]。別名「東海のミニ尾瀬」とも言われ、花の百名山[2]及び新・花の百名山[3]に選定されている。湿原の入り口は、そのまま赤岩山へつながる豊橋自然歩道の一部になっている。

概要[編集]

石巻山周辺の山域とともに、愛知県の石巻山多米県立自然公園に指定されている[4]。 一帯は、標高75mから60mくらいの小高い山の緩やかな斜面にあり、広さは、約5haである。木の遊歩道が作られており、湿原を1周することができる。湿性の植物が250種類ほど、その他にトンボカエルその他の昆虫、動物などが見られる。尾瀬などの植物が長年にわたり堆積して、しっかりとした水量を蓄えた湿原なのとは異なり、チャートの基盤岩の上にある湿原で、岩盤から湧き出してくると思われる水が、その上を流れていくような湿原で、渇水の季節には水枯れのようになることもある。

葦毛湿原の植物[編集]

ここで見られる植物には、環境省レッドデータブックにおいて絶滅危惧種II類に指定されているミカワバイケイソウ[5]カザグルマシラタマホシクサ、トウカイコモウセンゴケミミカキグサなどがある[6]

Veratrum stamineum var. micranthum in Imo Wetland 2011-05-14.jpg Clematis patens in Imo Wetland 2011-05-14.jpg Eriocaulon nudicuspe in Imō Wetland 2011-08-24.jpg Drosera tokaiensis f3 in Imō Wetland 2011-08-24.jpg Utricularia bifida in Imō Wetland 2011-08-24.jpg
ミカワバイケイソウ カザグルマ シラタマホシクサ トウカイコモウセンゴケ ミミカキグサ

交通手段[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県指定天然記念物・葦毛湿原 (PDF)”. 豊橋市教育委員会. 2011年5月16日閲覧。
  2. ^ 田中澄江 『花の百名山』 文藝春秋1997年ISBN 4-16-352790-7
  3. ^ 田中澄江 『新・花の百名山』 文藝春秋、1995年ISBN 4-16-731304-9(葦毛湿原がある弓張山地が選定されている。)
  4. ^ 石巻山多米県立自然公園”. 愛知県. 2011年5月16日閲覧。
  5. ^ ミカワバイケイソウ(日本のレッドデータ検索システム)”. エンビジョン環境保全事務所. 2011年5月16日閲覧。
  6. ^ 葦毛湿原”. 豊橋市環境部環境保全課. 2011年5月16日閲覧。
  7. ^ さわやか自然百景 愛知 葦毛湿原(2008年6月1日日放送)”. NHK. 2011年4月19日閲覧。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度44分54.71秒 東経137度27分1.64秒