董白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

董 白(とうはく、? - 初平3年(192年)?)は、中国後漢末期の人物。後漢末の軍閥董卓の孫娘である。

三国志』董卓伝注に引く『英雄記』によれば、時の専横者である董卓の縁者は赤子に至るまで列侯に封じられ、列侯の身分を示す金印が玩具にされる有様であった。

董白もまた、まだも挿していない(未成人である)にもかかわらず、渭陽君に封ぜられた。爵位賜与の際には、董卓は郿城に壇を築き、金華青蓋の車に董白を乗せ、都尉中郎将など高官に導従をさせたという。

のち初平3年、王允によって董氏が誅滅されると、90歳になる董卓の母も処刑された。董白も他の一族同様に処刑されたと考えるのが妥当であろう。

近年では[編集]

董白は、董卓の専横を示すエピソードの一端としてわずかに記録されるのみであり、また白話小説『三国志演義』に登場しない。 しかし近年では、コーエー三國志シリーズセガ三国志大戦に登場したことをはじめ、サブカルチャーの分野の「三国志」で董白が注目されることが少なくない。