董海川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

董 海川(とう かいせん、1797年?(1813年の説もあり) - 1882年)は、時代の武術家・宦官八卦掌の創始者。

原名は「海」後に「海川」に改名。

略歴[編集]

中国河北省文安県朱家塢村人。家は貧しかったが、武術を好んだ。安徽九華山にて、「雲盤老祖」(別説では華澄霞(紅蓮長老))に出あい、その武術を伝授される。その後、日々練習を重ね、独自の工夫を加えて八卦掌を創造した。

その後、北京に出向き、清朝の王族に認められ、絶技的武林大師と呼ばれる。 有名な弟子には、程廷華尹福がいる。


関連項目[編集]