著作権延長法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

著作権延長法 (Copyright Term Extension Act, CTEA) あるいは、ソニー・ボノ著作権延長法 (Sonny Bono Copyright Term Extension Act) とは、著作権に関するアメリカ合衆国法律1998年制定。

1977年までに発表された作品の法人著作権の満了を発行後75年から95年に延長し、また、1978年以降に発表された作品については、保護期間は原則として、著作者の死後70年間、法人著作の場合は発行後95年間か制作後120年間のいずれか短い方となった。

法律名は、デュオグループ「ソニー&シェール」のメンバーで、のちに上院議員になり、成立当年に事故で没したソニー・ボノの功績を称えて付けられている。

概要[編集]

この立法措置により、著作権切れを間近に控えた1920年代の作品群の大多数は2010年代までその期間先延ばしされることとなったが、それらの作品で現在も購入・鑑賞・閲覧等のアクセスが可能なものは全体の1~2%に過ぎず、著作権の所在が不明な「孤立作品」を人為的に大量発生させただけだと言う批判も生れた。

1928年に発表された「ミッキーマウス」の著作権切れが迫っており、権利者であるウォルト・ディズニー・カンパニーロビー活動が背景にあったと言われる。よって、この法律は、「ミッキーマウス保護法[1]ないし「ミッキーマウス延命法」と揶揄される。ちなみに「Mickey Mouse」 (名称・図形など) は商標として保護されており、たとえ著作権が切れたとしても、自由に商用目的で使えるわけではない。

パブリックドメインを目指すグループは、この法律は、アメリカ合衆国憲法第1条8節8項の「議会は、限られた期間中、作家発明家に対して著作発明に対する独占権を与えることが出来る」という規定[2]に違反するものとして、差止訴訟を提起した。3人の市民が起こし(1999年)、様々な個人・52人の法学者・17人の経済学者全米作家協会インテル等がこれを支持した。訴訟は、合衆国最高裁判所まで持ち込まれたが、評決により7対2で合憲とされ、成立が確定した(2003年2月)。 

本判決後、米国通商代表部 (USTR) は各国に対して著作権の保護期間を延長するよう圧力を強めている。隣国メキシコは従来、個人の死後または法人の公表後75年であった規定をさらに延長して100年に(これは現時点で世界最長の保護期間である)、日本は2003年映画の著作物に限り保護期間を公表後50年から70年に、オーストラリア2004年に全ての保護期間を個人の死後または法人の公表後70年に延長した(その結果、オーストラリアのプロジェクト・グーテンベルクは事実上の活動停止に追い込まれている)。

アメリカ政府の延長要求を拒否し、2013年現在も個人の死後または法人の公表後50年を維持している国や地域にはカナダニュージーランド中華民国等が存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 著作権「死後50年」は本当に短すぎるか? 10分でわかる正念場の保護期間問題Internet Watch 2013年6月18日、6月25日観覧
  2. ^ この規定はもともと権限配分に関する規定であり、憲法の解釈としては、規定がない事項は各州の議会に立法管轄があると理解されているものである。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]