落窪物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

落窪物語』(おちくぼものがたり)は、10世紀末頃に成立したとされる中古日本物語である。全4巻。作者は不明、漢籍の引用があり、露骨な表現や下卑た笑いもみられることから当時の男性下級貴族であろうと言われている。源順源相方などが候補に挙がっており、巻四は清少納言が書き加えたとする説まであるが、いずれも確定に至っていない。

概要[編集]

題名の「落窪」は、主人公の薄倖な姫君が置かれた部屋の名前に由来する。美しい容貌を持つ主人公の落窪姫君が、その名の通り寝殿の隅にある、の落ち窪んだ陋屋に住まわされ、継母からのいじめにあうという、シンデレラとも似通った構図を持つ継子いじめ物語。

『落窪物語』は『源氏物語』に先立つ中古の物語で、『枕草子』にも言及がある。恩讐のけじめをはっきりさせているやや単純な筋ながらも、継子いじめの筋を軸に、当時の貴族社会を写実的に描写した物語として評価されている。

内容[編集]

主人公は中納言源忠頼の娘(落窪の姫)である。母と死別した落窪の姫は継母のもとで暮らすことになったが、継母からは冷遇を受けて落窪の間に住まわされ、不幸な境遇にあった。しかし、そこに現われた貴公子、右近少将道頼に見出されて、姫君に懸想した道頼は彼女のもとに通うようになった。姫君は継母に幽閉されるが、そこを道頼に救出され、二人は結ばれる。道頼は姫君をいじめた継母に復讐を果たし、中納言一家は道頼の庇護を得て幸福な生活を送るようになった。

登場人物[編集]

  • 落窪の姫:ヒロイン。皇女を母に持つため、出自は継母や異母姉妹達より遥かに高いが、継母から下女同然の扱いを受けていた。針子として家族の着物を縫わされ続けていたためか、裁縫が非常に得意。
  • 中納言(源忠頼):落窪の父。北の方の言いなりになって、落窪を自分の娘として扱ったり庇ったりすることも無かった。
  • 北の方:落窪の継母。4人の娘を持つ。落窪を虐待し、四の君を右近の少将に嫁がせようとするが、右近の少将によって四の君は兵部の少輔と結婚させられるなど、理由も分からないまま右近の少将から様々な嫌がらせを受ける。
  • 三の君:蔵人の少将の妻だったが、妻としての自覚がないため、愛想を尽かされてしまう。
  • 四の君:中納言と北の方の間に生まれた末娘で、北の方は右近の少将と結婚させようとするが、右近の少将の謀略によって兵部の少輔と結婚させられてしまう。
  • 三郎君:北の方の実子だが、異母姉である落窪の姫を慕っている。
  • あこき(阿漕とも表記)と帯刀
    姫君に仕える女房であるあこきが、夫の帯刀を介して姫君と右近の少将の仲を取り持つなど、当時の貴族の縁談の一端が生き生きと描かれている。
  • 蔵人の少将:三の君の婿であったが妻の自覚が無い三の君に愛想を尽かし、後に右近の少将の妹(中の君)と結婚。
  • 右近の少将(道頼):帯刀の乳兄弟で、落窪の姫の夫。後に三位の中将、中納言兼衛門督、大納言左大将左大臣太政大臣と昇進。落窪の姫以外に妻も恋人も持たず、彼女だけを一生愛し続けたが、一夫多妻制の当時としては珍しいことである。実在の藤原道頼がモデルとされる。
  • 左大将:右近の少将の父。後に右大臣に昇進。
  • 帯刀の母:右近の少将の乳母。落窪が実家で虐待されていたことを理由に右近の少将を別の女性と縁談させようとするが、帯刀の説得によって断念する。
  • 典薬の助:中納言家の居候。中納言の北の方の叔父。落窪の姫と結婚しようとする。
  • 兵部の少輔:右近の少将の母方の親戚である治部卿(じぶきょう)の息子。馬面で性格も変わっているため、人々から「面白の駒」と馬鹿にされている。右近の少将の策略で四の君と結婚し、後に出家する。

刊本[編集]

関連作品[編集]

関連項目[編集]

物語 / 作り物語