落合町 (樺太)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
落合町
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 豊原支庁
豊栄郡
総人口 25,135
1941年12月1日
隣接自治体 豊栄郡栄浜村豊北村川上村
真岡郡清水村野田町小能登呂村
泊居郡泊居町
落合町役場
所在地 樺太庁豊栄郡落合町
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

落合町(おちあいまち)は、日本の領有下において樺太に存在した

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を、現状に関してはドリンスクを参照の事。

概要[編集]

この土地に集落が存在したのは日露戦争以前からであるが、急速に発展したのは日本領有後の1917年に製紙工場が建設されて以降の事である。

付近には肥沃な農耕地がある。樺太東線栄浜支線と敷香方面との分岐点であり、大谷には飛行場も存在した。

落合町役場 
落合の街並み 

歴史[編集]

地域[編集]

教育[編集]

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[1]

国民学校[編集]

  • 樺太公立落合第一国民学校
  • 樺太公立落合第二国民学校
  • 樺太公立大谷国民学校
  • 樺太公立円山国民学校
  • 樺太公立深草国民学校
  • 樺太公立山中国民学校
  • 樺太公立黒川国民学校
  • 樺太公立川南国民学校
  • 樺太公立東内淵国民学校
  • 樺太公立内淵国民学校
  • 樺太公立美保国民学校
  • 樺太公立西内淵国民学校
  • 樺太公立小谷国民学校

中等学校[編集]

  • 樺太公立落合高等女学校
  • 樺太公立落合商業学校

脚注[編集]

  1. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1678、p. 1693

関連項目[編集]