萩女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
萩女子短期大学
大学設置 1967年
創立 1960年
学校種別 私立
設置者 学校法人萩学園
本部所在地 山口県萩市椿東孤島5480
学部 生活学科
  生活専攻
  食物栄養専攻
国文学科
ウェブサイト 萩女子短期大学公式サイト
テンプレートを表示

萩女子短期大学(はぎじょしたんきだいがく、英語: Hagi Women's Junior College[1])は、山口県萩市椿東孤島5480に本部を置いていた日本私立大学である。1967年に設置された。大学の略称は萩女(はぎじょ)。学生募集は1998年度まで。1999年度より萩国際大学の設置により短期大学は学生募集を停止し、2000年7月28日廃止[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 国文学科と生活学科がおかれていた。生活学科では、陶芸・生活工芸・栄養士・食物の各コースをおいていた。国文学科には、司書・情報文化の各コースをおいていた。

学風および特色[編集]

  • 学校法人萩学園が運営主体となっているが、萩市並びに周辺の町村の有志により設立された。
  • 吉田松陰の個性教育にならい、師弟愛を中心とした行学一致の教育が基盤とされていた。

沿革[編集]

  • 1960年 萩高等経理学校が創設される。
  • 1965年 準学校法人萩学園が設立される。
  • 1966年 萩女子専門学校に校名変更。
  • 1967年 萩女子専門学校を発展改組。萩女子短期大学を設置。
    • 国文科:当初の在学者数はわずか8人[3]
    • 家政科:当初の在学者数は53人[3]
  • 1969年 家政科を専攻分離する。
    • 家政専攻
    • 食物栄養専攻
  • 1990年 学科の名称変更。
    • 国文科→国文学科
    • 家政科→生活学科
      • 家政専攻→生活専攻
  • 1998年度をもって学生募集を終了。
  • 2000年7月28日廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 山口県萩市椿東孤島5480

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 国文学科:「司書」・「情報文化」の各コースが設けられていた。
  • 生活学科
    • 生活専攻:「生活工芸」・「陶芸」の各コースが設けられていた。
    • 食物栄養専攻:「栄養士」・「食物」の各コースがあった。

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格

  • 栄養士:生活学科食物栄養専攻にて設置されていた。
  • 司書司書教諭:国文学科にて設置されていた。

教職課程

  • 中学校教諭二種免許状の課程が設置されていた。
    • 国語:国文学科にて設置されていた。
    • 家庭:生活学科生活専攻の前身である家政科家政専攻にて設置されていた。

研究[編集]

  • 『萩女子短期大学研究紀要』[4]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • バブル景気只中の1989年秋、萩湾に浮かぶ狐島(大学により美萩台と愛称が付けられた)に豪奢な建築の学舎を建て並べたことで話題となった。なお、本土との通路部には守衛所があった。

社会との関わり[編集]

卒業後の進路について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注および出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CiNii雑誌-萩女子短期大学研究紀要-より。2014年4月21日閲覧。
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』291頁より。
  3. ^ a b 昭和43年度版『全国学校総覧』42頁より。
  4. ^ 山口県大学共同リポジトリより
  5. ^ 『徳島文理大学』2000年度入学案内小冊子より。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]