萩原克己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

萩原 克己(はぎわら かつき、1949年 - 2013年10月30日)は、2004年11月に設立された新生「エレックレコード株式会社」代表取締役社長、音楽評論家神奈川県横浜市出身。

来歴[編集]

1968年、19歳でヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト全国大会にバンド「マックス」のドラマーとして出場しグループサウンド部門優勝[1][2]。 「マックス」は1970年よしだたくろうの『青春の詩』のレコーディングでバックバンドを担当した[3]他に、泉谷しげる大橋純子古井戸らのスタジオミュージシャンやバックバンドとして活躍し、エレックレコードのアーティストのリズムセクションを支えた。

1972年、旧エレックレコードに入社し、制作ディレクター、制作宣伝部長を歴任。山崎ハコナイアガラ・レーベル(大瀧詠一)、シュガー・ベイブ(山下達郎大貫妙子他)らを担当。エレックレコード倒産後の1977年ポリドール・レコードと契約。水越けいこ香坂みゆき欧陽菲菲秋吉久美子カシオペアJIMSAKU外道らをプロデュースした。

1996年ミュー音楽出版社を設立[4]。 晩年は月刊スカイパーフェクTV!(ぴあ刊)にて自伝エッセイ「翼の生えた犬」連載していた。

2013年10月30日、死去。

[編集]

  1. ^ 同部門に吉田拓郎のバンド「ザ・ダウタウンズ」も出場したが、4位。(『いつも見ていた広島』 - 田家秀樹、小学館)
  2. ^ 全日本ライト・ミュージック・コンテスト
  3. ^ 「青春の詩」ライナーノーツ
  4. ^ エレックレコード社長・萩原克己さんに聞く「思い出のアーティストたち」<前編>シニアコム.JP内

外部リンク[編集]

エレックレコード萩原克己ある音楽バカの備忘録 - 公式ブログ