華南MALL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新華南MALL
所在地 中国広東省東莞市万江区
測地系 北緯23度2分15秒 東経113度43分14秒 / 北緯23.03750度 東経113.72056度 / 23.03750; 113.72056座標: 北緯23度2分15秒 東経113度43分14秒 / 北緯23.03750度 東経113.72056度 / 23.03750; 113.72056
開業日 2005年
店舗数 1500
総賃貸面積 659,612 m²
公式サイト 新華南MALL公式サイト

華南MALL(かなんモール、华南MALL)は、中国広東省東莞市にあった、中国最大のショッピングモールである。2007年7月19日新華南MALL(しんかなんモール、新华南MALL、Xīn Huánán Móěr)と改称した。

2005年の開業から2008年10月31日ドバイ・モールが開業するまでは、世界最大のショッピングモールでもあった。

概要[編集]

新華南モールの全体図(2009年1月)
多くの店舗スペースが空いている

東莞市万江区の万江大道の南側に位置する。2005年にオープン。GLA(総賃貸面積)は約710万平方フィート(約66万平方メートル)。前年開業の金源時代ショッピングセンター(金源時代購物中心、金源新燕莎MALL)を上回り、当時としては世界最大のショッピングモールとなった[1]

しかし、最小面積が大きく、賃料が周囲よりも高く、事務所用には使えないなどの理由から、入居するテナントが少なく、入れ替わりもあるため、1500ほどもある小売スペースの多くはずっと空きスペースになっているのが実情である。2013年の時点では、モール側の主張する店舗入居率は20%であり、事実上機能停止状態と言われている。[2]

同施設は7のエリアに分かれており、周囲にヤシ科の植物を植えたり、塑像を配置するなど、異国情緒作りをしている。

中央広場にはフリーフォール型、急流下り型、回転ブランコ型などの電動アトラクション施設と、ボート乗り場があり、他にゴーカートゴンドラ巡り、海賊船などの娯楽施設がある。

主な店舗、施設[編集]

かつてあった店舗、施設[編集]

  • 銅羅湾百貨
  • 時尚百貨
  • B&Q

交通[編集]

東莞汽車総站(市内最大のバスターミナル)から東莞市内バスで東に1停留所だが、間にインターチェンジがあるため、歩くと15分以上と結構遠い。なお、バス停の名前は「華南摩尓」(华南摩尔)と漢字表記の旧称のままとなっている。市役所のある南城区からタクシーでは15分程度。

駐車場[編集]

新華南MALLは中国最大のショッピングモールであるが、駐車場が少ない。北米最大のショッピングモールであるウェスト・エドモントン・モールは20,000台収容可能だが、新華南MALLでは10,000台しか入れない。しかし、消費者も自転車利用が多いなど、国情に違いもある。

脚注[編集]

  1. ^ World's 10 Largest Shopping Malls、Forbes.com、2007年1月9日
  2. ^ 「世界最大の商店街」は今やゴーストタウン、不動産バブルのツケ 中国、CNN、2013年3月10日17:40 JST

外部リンク[編集]