菊谷匡祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

菊谷 匡祐(きくや きょうすけ、1935年 - 2010年1月19日)は、日本の文筆家・翻訳家

略歴[編集]

神奈川県出身。早稲田大学在学中に、所属していた新聞部の原稿依頼を契機として、開高健の知遇を得る。その後、自身が開高健に提供した資料「カフカの断片集中の一片」がもととなり執筆された「流亡記」により衝撃を受け(本人曰く「30枚の短編のはずが120枚の中編となったことが、そのまま彼我の構想力の差に感じられた」)、「開高健の鑑賞家」となることを決意する。

1962年に早稲田大学大学院修士課程修了後、出版社勤務ののちも開高健との公私に亘る親交は続き、1977年にはブラジルアマゾンへの取材行にも同行する。それに先立って企画した「月刊プレイボーイ編集長(当時)の岡田朴を開高健に紹介した。また、この取材行は「オーパ!」と題して連載された。

その後も自身の著述・翻訳を行うかたわら、開高健の関係するテレビ・雑誌等の企画にたびたび関与した。

著作[編集]

  • 『世紀末的ゴルフ用語学』(嶋口信義・共著、日本文化出版、1994年)
  • 『酒のかたみに~酒で綴る亡き作家の半生史』(1996年)
  • 『世界ウィスキー紀行~スコットランドから東の国まで』(立木義浩・写真、リブロポート 1997年)
  • 『ゴルフを愛した男たち~サントリーオープン物語』(TBSブリタニカ、2000年)
  • 『開高健のいる風景』(集英社、2002年)
  • 『早慶戦の百年 学生野球讃歌』(集英社新書、2003年)
  • 『開高健が喰った!!』(実業之日本社、2005年)
  • 『ゴルファーの品格考』学習研究社 2008 パーゴルフ新書
  • 『ゴルフの見識』幻冬舎 2008
  • 『真説青木功』(学研、2010年)

翻訳書[編集]

カッコ内は原作者・日本での初出年次

  • ボブ・グリーン『アメリカン・タイム』集英社、1988年)のち文庫 
  • リサ・アピニャネジ『キャバレー~ヨーロッパ世紀末の飲酒文化』(サントリー、1988年)
  • ボビー・ジョーンズ, オー・ビー・キーラー『ダウン・ザ・フェアウェイ』スタジオ・シップ 1989
  • ボブ・グリーン『アメリカン・ドリーム』(集英社、1989年)
  • ボブ・グリーン『アメリカン・ヒーロー』(集英社、1990年)
  • ボブ・グリーン『アメリカン・スタイル』(集英社、1991年)
  • ニール・シーハン『輝ける嘘』(集英社、1992年)
  • ボブ・グリーン『晩秋のシカゴ~ミシガン大通りから』(集英社、1992年)
  • ニール・シーハン『ハノイ&サイゴン物語』(集英社、1993年)
  • ボブ・グリーン『マイケル・ジョーダン物語』(集英社、1993年)のち文庫 
  • アラン・シェパード,ディーク・スレイトン『ムーン・ショット 月をめざした男たち』集英社 1994
  • ハーヴィ・ペニック『ハーヴィ・ペニックのゴルフ・グリーン・ブック』(集英社、1995年)のち文庫 
  • スティーヴ・マルティニ『依頼なき弁護』(集英社文庫、1996年)
  • 『トミー・アーマーのキング・オブ・ゴルフ』(小池書院、1996年)
  • ボブ・ロテラ『私が変わればゴルフが変わる』(飛鳥新社、1996年)
  • ボブ・ロテラ『人は自分が思ったとおりのゴルファーになる』(飛鳥新社、1998年)
  • 『ニック・プライスのザ・スウィング : Mastering the principles of the game』小池書院 1998
  • ボブ・ロテラ『今のスイングでいい自分のゴルフを信じなさい』飛鳥新社、1999年)
  • ケン・バウデン編『ジャック・ニクラウス自伝』飛鳥新社 2000

関連人物[編集]