荘原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
荘原駅
駅舎
駅舎
しょうばら - Shōbara
宍道 (4.1km)
(6.1km) 直江
所在地 島根県出雲市斐川町学頭1606
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 373.0km(京都起点)
電報略号 セウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
332人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1910年明治43年)6月10日
備考 無人駅(自動券売機 有)
道の駅湯の川

荘原駅(しょうばらえき)は、島根県出雲市斐川町学頭にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線

駅構造[編集]

元は単式・島式1面の2面3線構造であったが、山陰線高速化事業に伴い島式側の外線1線は撤去され、相対式2面2線の構造となるとともに、駅舎側の1番線を上下本線、反対側の2番線を上下副本線とした一線スルー方式になっている。島式ホームとは跨線橋で連絡しているが、前述の理由から当駅に発着する停車列車の大半は、上下線とも跨線橋を渡らずに済む駅舎側に停車する。

松江駅管理の無人駅であるが、駅舎内に自動券売機が設置されている。

荘原駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1・2 山陰本線 上り 松江米子方面
下り 出雲市大田市方面
  • 通過列車及び行違いを行わない停車列車は上下線とも1番のりばを通る。
  • 反対方向からの通過列車と行違いを行う停車列車は、上下線とも2番のりばに停車する。
  • 停車列車同士の行違いの場合は、米子方面行(上り)が1番のりば、出雲市方面行(下り)が2番のりばに入る。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は332人である(2010年度)。2004年度は338人、1994年度は358人、1984年度は325人だった。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 366
2000 352
2001 359
2002 333
2003 357
2004 338
2005 343
2006 349
2007 353
2008 349
2009 345
2010 332

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陰本線
快速「通勤ライナー」・快速「アクアライナー」・快速「とっとりライナー」・普通
宍道駅 - 荘原駅 - 直江駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]