荒野の1ドル銀貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
荒野の1ドル銀貨
Un dollaro bucato/
One Silver Dollar/Blood for a Silver Dollar
監督 カルヴィン・ジャクソン・パジェット
(ジョルジオ・フェローニ)
脚本 カルヴィン・ジャクソン・パジェット
ジョージ・フィンリー
出演者 ジュリアーノ・ジェンマ
音楽 ジャンニ・フェッリオ
撮影 トニー・ドライ
編集 ローズマリー・ウェア
配給 東京第一フィルム
公開 イタリアの旗 1965年8月8日
日本の旗 1966年7月15日
上映時間 95分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
テンプレートを表示

荒野の1ドル銀貨』(こうやの1ドルぎんか 原題:Un dollaro bucato/One Silver Dollar/Blood for a Silver Dollar)は、1965年制作のマカロニ・ウェスタン

ジュリアーノ・ジェンマ(“モンゴメリー・ウッド”名義でクレジット)主演のマカロニ・ウェスタンの代表作。

なお、『続・荒野の1ドル銀貨』という邦題のマカロニ・ウェスタン(主演は同じモンゴメリー・ウッド=ジェンマ)があるが、続編ではない。

あらすじ[編集]

ゲイリー・オハラと弟のフィルは南北戦争南軍の兵士として出征したが、北軍捕虜となり、戦争終結後、銃身を極端に短く切られた拳銃を渡されて釈放された。

ゲイリーは妻ジュディの待つ故郷へと帰り、一方、フィルは家の柱時計の中に隠していた貯金をゲイリーに託して、西部へと旅立っていった。ゲイリーはその貯金の中から1枚の1ドル銀貨お守り代わりに持ち、フィルの後を追って西部へ向かい、イエローストーンという小さな町にたどり着く。

ゲイリーはその巧みな拳銃さばきを町の顔役マッコリーに認められて彼の用心棒となり、彼と敵対するブラッキーという男を倒す事を依頼される。だがそのブラッキーは実はフィルであり、そうとは知らずに、ゲイリーは実の弟であるフィルと対峙する。フィルは相手が兄であると気付いた瞬間、マッコリーの手下たちに射殺されてしまう。

自分も直前にフィルから撃たれたが、胸のポケットに入れていた1ドル銀貨がまさに“お守り”となり、ゲイリーは助かった。ゲイリーはマッコリー一味に復讐を誓うのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ゲイリー・オハラ モンゴメリー・ウッド
ジュリアーノ・ジェンマ
野沢那智
ジュディ・オハラ イヴリン・スチュアート 弥永和子
マッコリー ピーター・クロス 森山周一郎
ドナルドソン ジョン・マクダグラス 北村弘一
アンダーソン保安官 フランク・ファレル

その他、加藤精三上田敏也

備考[編集]

ジャンニ・フェリオが手掛けたテーマ音楽“Pistoleros in Agguato”は、のちにコンピュータゲームレッド・デッド・リボルバー」や映画『イングロリアス・バスターズ』のサウンドトラックに転用された。

外部リンク[編集]