荒木博志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小惑星発見数: 2
(26887) 東京ジャイアンツ[1] 1994年10月14日
(100267) JAXA[2] 1994年10月14日
1  共同発見者: 佐藤勲
2  共同発見者: 佐藤勲、M. Abe

荒木 博志(あらき ひろし)は日本天文学者国立天文台水沢VLBI観測所で勤務し、はやぶさミッションの科学チームのサブリーダーであった。また、2つの小惑星を発見している。観測所の同僚と共同で、月の詳細な地形図を作製した[1]

来歴[編集]

1995年東京大学にて理学博士を修める。

論文[編集]

  • 博士論文『月震発生様式の解明とそのLUNAR-A計画における月震観測への適用』1995年3月29日、東京大学。
  • 荒木博志、田澤誠一・野田寛大・ほか「「かぐや」搭載レーザー高度計(LALT)によって明らかにされた月の形状と地形」、『測地学会誌』第55巻第2号、測地学会、 281-290頁、 ISSN 0038-0830
  • 神谷泉、荒木博志・祖父江真一「『「かぐや」が見た月の地形』の作成」、『地図 = Map』第47巻第1号、日本国際地図学会、2009年3月31日、 33-34頁、 ISSN 00094897NAID 10024831507

参考文献[編集]

外部リンク[編集]