荒井千里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あらい ちさと
荒井 千里
プロフィール
本名 天野 千里
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
生年月日 1983年5月27日(31歳)
血液型 O型
最終学歴 明治学院大学経済学部卒業
職歴 青森朝日放送アナウンサー
テレビ愛知アナウンサー
ホリプロアナウンサーズプロモーション
活動期間 2006年4月 - 現在
ジャンル 情報番組スポーツ番組
配偶者 天野ひろゆきキャイ〜ン
家族 両親、弟1人[1]
公式サイト 公式プロフィール
出演番組・活動
過去 ボニータ!ボニータ!!
3時のつボッ!
ぼいすた!生
GROOVE LINE Z
テゴマスのらじお
その他 ABA地上デジタル放送推進大使
TVA地上デジタル放送推進大使

荒井 千里(あらい ちさと、1983年5月27日 - )は、日本のフリーアナウンサー神奈川県横浜市出身。明治学院大学経済学部経営学科卒業。身長163cm。血液型O型。

来歴[編集]

大学卒業後、2006年4月に青森朝日放送にアナウンサーとして入社。同局ではいくつかのローカル番組とブロックネット番組を担当していたほか、地上デジタル放送推進大使も務めていた。また、本人がブログで公表しているプロフィールによれば記者も兼務していたとのことである。

その後、2007年10月にテレビ愛知へ移籍。同局では入社直後から数多くのローカル番組を担当し、ミニ番組ながら自身の冠番組までも持っていた。また、青森朝日放送時代と同様に地デジ推進大使も務めていたが、2011年4月1日に放送された『3時のつボッ!』卒業回をもって全ての担当番組を降板し、同年5月末にテレビ愛知を退社した。

退社直後の2011年6月3日、中京テレビの『ラッキー!!』にゲスト出演し、同番組の中で以後はフリーアナウンサーとして活動する旨を公表した。また、同年7月にホリプロに所属したことを同時期に開設したブログを通じて公表した。

2014年2月22日、お笑いコンビキャイ〜ン天野ひろゆきと結婚[2]。結婚準備を理由にホリプロを2013年末で辞めたため、天野と天野の所属事務所である浅井企画は公式発表の際に新婦(荒井)を「元アナウンサー」と称していたが[3]、荒井はこの時点で『テゴマスのらじお』(MBSラジオ)への出演を続けていた。同年4月以降は「天野 千里」名義で引き続き同番組に出演していたが、2014年5月7日の放送中に同日をもって降板することが発表された。

エピソード[編集]

  • テレビ愛知アナウンサー時代の2008年3月28日、テレビ東京のアナウンサーに代わって『メガスポ!ミニッツ』のキャスターを務めた。これは、テレビ東京労働組合ストライキにより、担当キャスターが番組に出演できなかったためである。
  • フリーになった後も、元中京テレビの田岡咲香[4]や元東海テレビ成嶋早穂[5]メ〜テレ塩尻奈都子と仲が良く、特に田岡と成嶋とはプライベートでも食事に誘ったりすることがある[6][7]
  • 青森朝日放送でアナウンサーデビューしてから、抜群のプロポーションで話題になった。フリーになった後に週刊誌でグラビアアイドルとしての活動も開始した。(出版の項参照

出演[編集]

過去の担当番組[編集]

青森朝日放送所属時代[編集]

テレビ愛知所属時代[編集]

フリー転向後[編集]

CM[編集]

出版[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「お返事!その1!!」、2011年8月11日、荒井千里オフィシャルブログ「千里の道も一歩から!」より
  2. ^ 荒井千里オフィシャルブログ「ご報告」より(2014年2月22日閲覧)
  3. ^ “天野ひろゆき元アナと結婚 保証人は…”. デイリースポーツ. (2014年2月22日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/02/22/0006728864.shtml 2014年2月22日閲覧。 
  4. ^ 現在はキャスト・プラス所属。
  5. ^ 広島東洋カープ前田健太夫人。現在はアワーソングスクリエイティブに所属。
  6. ^ 「アナ会!」、2012年6月13日、荒井千里オフィシャルブログ「千里の道も一歩から!」より
  7. ^ テレビ愛知時代からフリーになった後にアメーバブログに移ってからしばらくは、「千里の道も一歩から!」というタイトルでオフィシャルブログを編集していた。後に「Aracchi Diary」と改名して現在に至る。
  8. ^ 同誌編集部からはテレビ愛知アナだった当時に担当していた、『ボニータ!ボニータ!! 〜名古屋ガールズコレクション〜』の収録の模様を中心に、密着取材を受けていた。
  9. ^ 「スピリッツ明日発売!」、2013年5月12日、荒井千里オフィシャルブログ「Aracchi Diary」より
  10. ^ 週プレNEWS、荒井千里『伝説、解禁』より

外部リンク[編集]

先代:
竹中知華
地デジ推進大使ABA担当
第2代
荒井千里
次代:
鈴木理香子
先代:
清水美智子
地デジ推進大使TVA担当
第3代
荒井千里
次代:
名越涼子