荊軻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

荊 軻(けい か、ピンイン:Jing Ke, ? - 紀元前227年)は、中国戦国時代末期の刺客の太子の命を受け、策略を用いて王の政(後の始皇帝)を暗殺しようとするが、失敗し逆に殺された。

生涯[編集]

出生[編集]

の人[1]。読書と剣術を好んで修行、若くして諸国を放浪して遊説術を学んでいた。

荊軻は、諸国の旅から衛に帰国した後に官僚を志して、の君主である元君に謁見し、旅で学んだ遊説術に基づいた国家議論を大いに述べたが、元君は全く聞き容れなかった。こうして荊軻は挫折しそれ以来遊侠に身を投じた。ある時に剣術論のことで蓋聶(こうじょう)という者と言い争って喧嘩になりかけたが、蓋聶が荊軻を睨むと荊軻はすぐに退散した。また邯鄲を訪れたとき、双六の規定をめぐって魯句践(ろこうせん)という者と双六盤の道争いで喧嘩になりかけたが、魯句践が凄んで荊軻に対して大声を出すと荊軻はすぐに退散した。こうして荊軻は臆病者と笑われたが、荊軻はいたずらに些細な事で命を落とす危険を冒すことはしなかった(『史記』「刺客列伝」)。

その後、に入り、一人の狗殺人と高漸離という筑(ちく、弦楽器の一種)を良く奏でる者と親しくつきあった。燕の市に行っては酒を飲み酔いしれ、高漸離の筑の伴奏で市中で歌い楽しみ、やがては泣き始めるという有様は、あたかも周りに誰も存在しないかのようであった(傍若無人)。酒飲みとつきあう状況でも荊軻は読書を好み、各地の賢人や豪傑・有徳者たちと相結び、やがて当地の実力者の田光に賓客として遇された。

刺客として[編集]

紀元前233年、燕の太子であるが人質になっていたから逃げ帰ってきた。丹は秦王政と子供の頃に親しくしていたが、大人になってから秦で出会うと政は丹を見下し、冷遇したので怒った丹は燕に逃げ帰り、復讐を考えた。秦をどうにかしたいと言う願いは、丹の私怨だけでもなく、当時圧倒的に秦が強勢であり、何か手を打たなければ燕も遠からず滅ぼされることが明らかであった。

政に対して刺客を送ることを考えた丹は田光に相談し、田光は荊軻を推挙した。丹が帰る時に「この事はご内密に」と言ったことで、田光は荊軻に話を告げた後で「太子に疑念を持たせたのは私の不徳の為すところだ」と自ら首をはねた。

刺客の依頼を受けた荊軻は、用心深い秦王に謁見するための策を考えた。その策とは、一つが、燕でも最も肥沃な土地である督亢(とくこう)を差し出すこと。もう一つが、もとは秦の将軍で、政が提案した軍の少数精鋭化に対し諫めたために政の怒りに触れ一族を処刑され、燕へ逃亡してきていた樊於期(はんおき)の首を差し出すこと。

これをすれば秦王も喜んで荊軻に会うだろうと丹に提案するが、丹は領地割譲はともかく、自分たちを頼って逃げてきた人間を殺すことはできないと断った。彼の苦悩をおもんばかった荊軻は直接、樊於期に会い「褒美のかかっているあなたの首を手土産に、私が秦王にうまく近づき殺すことができたならば、きっと無念も恥もそそぐことができるでしょう」と頼んだところ、樊於期は復讐のためにこれを承知して自刎し、己の首を荊軻に与えた。

丹は暗殺に使うための鋭い匕首を天下に求め、遂に燕人・徐夫人の匕首を百金を出して手に入れた。この匕首に毒で焼きを入れさせ試し斬りを行ったところ、斬られて死なぬ者はいなかった。

荊軻の旅立ち[編集]

紀元前227年、丹は刺客の相棒として秦舞陽(しん ぶよう)と言う者を荊軻に付けようとした。秦舞陽は13歳で人を殺し、壮士として有名であった。しかし荊軻は秦舞陽が頼りに成らぬ若造だということを見抜き、旧友[2]を呼びよせて待機していたが、丹が出発を急かしたため、荊軻が渋ると怖気づいたのではないかと疑うので、仕方なく秦舞陽を連れて出発することに決めた。

やがて出発の日が訪れる。丹をはじめ、事情を知る見送りの者は全て喪服とされる白装束を纏い、易水(えきすい、黄河の北を流れる)のほとりまで荊軻たちにつき従った。彼らは全て涙を流し、荊軻の親友の高漸離は筑を奏でて見送った。この時に荊軻が生存を期さない覚悟を詠んだ

「風蕭々(しょうしょう)として易水寒し。壮士ひとたび去って復(ま)た還(かえ)らず 風蕭蕭兮易水寒 壮士一去兮不復還 」

という詩句は、史記の中で最も有名な場面の一つとして、人口に膾炙している。

これを聴いた士たちは、だれもが感情の昂ぶりの余りに凄まじい形相となった。そして荊軻は車に乗って去り、ついに後ろを振り向くことは無かった。

暗殺失敗・荊軻の最期[編集]

秦王(左)に襲い掛かる荊軻(右)。画面中央上には秦舞陽、中央下には箱に入った樊於期の首が見える。

荊軻たちは咸陽に着いた。荊軻の目論見どおり、領地割譲の証である地図と樊於期の首に秦王は大いに喜び、九賓の礼をもって荊軻たちに謁見した。秦王の前に出ると秦舞陽は恐怖から全身が震え始め、不審に思った群臣が尋ねると、荊軻は「北方の田舎者ゆえ、天子の前にて恐れおののいています」とごまかした。

荊軻は地図を持って秦王に献上し、秦王は地図をくるくると開き始めた。地図が開き終わる所に匕首が巻き込んであった。荊軻は匕首をつかみ、秦王の袖を取って秦王を刺そうとした。しかし、間一髪の所で秦王の袖がちぎれ、秦王は逃れることができた。

秦王は慌てて腰の剣を抜こうとしたが、剣が長すぎて鞘に引っかかり抜けなくなってしまった。群臣と衛兵たちも慌てたが、臣下が秦王の殿上に武器を持って上がることは法により禁じられており、破れば死刑であった。

荊軻は匕首を持って秦王を追い回し、秦王は必死で柱の周りを逃げ回り、剣を抜こうとするがあせればあせるほど剣は抜けなくなる。群臣たちは素手で荊軻を取り押さえようとし、侍医の夏無且(か むしょ)は薬箱を荊軻に投げつけた。荊軻がひるんだ隙に左右から「王よ、剣を背負われよ!」と声が飛び、秦王は剣を背中の方へ回して、背負うような形でやっと剣を抜くことが出来た。

抜いてしまえば長剣と匕首では勝負にならず、荊軻は脚を斬られたことで傷で歩く事ももはや不可能になり、最後に匕首を秦王目がけて投じたものの、秦王から外れて柱に刺さった。そして暗殺の失敗を悟ったのか、柱にもたれ床に座り込み「我が事が成らなかったのは、秦王を殺さずに脅し、土地の返還を約束させようとしていたからだ」と笑いながら罵った後、斬り殺された(激昂した秦王は荊軻の全身をズタズタに斬り刻み、荊軻が死んだ後も死体を斬り続けたと言われている)。秦舞陽は最初から最後まで震えているだけであった。

その後[編集]

殺されかけた秦王は激怒し、翌紀元前226年に燕を攻めて首都の薊(けい、現在の北京)を陥落させた。暗殺事件の首謀者である太子丹もまた、燕王の命令により講和の材料として殺された。だが秦は結局攻撃を止めず、紀元前222年に完全に燕を滅ぼした。

高漸離は太子丹の食客と荊軻ゆかりの人々と共に放逐され、秦王への復讐を目論み、徐卓と名を変え、宋子(河北省石家荘の東南)に潜んでいた。やがて始皇帝となった秦王は東へ巡業し、山東の琅邪(山東省胶南の南)にいた。彼の耳に「宋子に筑の名手あり」という噂が入り、徐卓は始皇帝のいる行宮に参内することになった。始皇帝は荊軻の事件があってから用心深くなっていたので、徐卓は特殊な凶器を考案した。一見すると、ただのだが、先端部に巧妙に鞘を被せており、一振りすると鞘はとれ、なかから鋭利な錐状の凶器が現れるという仕掛けになっていた。しかし宦官趙高に高漸離であることを見破られ、凶器が発見されて捕らえられた。始皇帝は高漸離の筑の腕を惜しみ、眼を潰すにとどめた。眼を潰した以上、安全と思い、何回と召して筑を打たせた。高漸離は愛用の筑を凶器とすることを思い付き、筑のなかに鉛を仕込み、機会を待った。決行の夜、声から始皇帝の位置を確認し、筑を投げたが、狙いはわずかにはずれた。高漸離は捕らえられ、八つ裂きの極刑にされた。その後も張良など始皇帝暗殺を目論む者が多数出てきたが、結局暗殺は成功しなかった。

評価[編集]

荊軻は強大な国の王に対して、心意気一つで立ち向かった義士と言うことで人気は高い。司馬遷は『刺客列伝』の最後で、夏無且と付き合いのあった公孫季功董仲舒からこの事件の話を聞いたと述べ、荊軻は暗殺は成功しなかったものの、その意思と志の高さにより名を残したのだ、と評価している。またかつて双六のことで騒動となった魯句践が、秦王暗殺事件の話を聞き「彼が刺剣の術を修めていなかったのは、なんとも惜しいことだ。そして、そのような人物を叱り飛ばすとは私も人を見る目が無かった。さぞや私を憎んでいただろう」と嘆いたエピソードも記している。また詩人の陶淵明は、『詠荊軻』という詩の中で「すでに荊軻は死んだがその思いは残っている」とうたっている。 一方、現代では荊軻はテロリストに過ぎないという論評もある。また一刺客でしかない荊軻に国運を託した丹に対する評価は低い[3]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 史記索隠』によると、彼の先祖はの名族慶氏であり、衛の人々は荊軻のことを慶卿という尊称で呼んだという(後に燕に入ったときは、燕の人々から荊卿と呼ばれた)。
  2. ^ 『史記索隠』によれば、の人の薄索
  3. ^ 陳舜臣『小説十八史略1』

荊軻に関するメディア[編集]

関連項目[編集]