草の上の昼食 (1959年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
草の上の昼食
Le Déjeuner sur l'herbe
監督 ジャン・ルノワール
脚本 ジャン・ルノワール
出演者 ポール・ムーリス
カトリーヌ・ルーベル
音楽 ジョゼフ・コズマ
撮影 ジョルジュ・ルクレール
配給 日本の旗 ヘラルド
公開 フランスの旗 1959年11月11日
日本の旗 1963年3月12日
上映時間 91分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

草の上の昼食』(: Le Déjeuner sur l'herbe: Picnic on the Grass)は、ジャン・ルノワール監督晩年の喜劇映画である。複数のカメラを同時に回すテレビドラマ的手法を用い、風光明媚なプロヴァンスを背景に、自然と人間性の美しさを謳う。「突風場面」が有名である。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • ポール・ムーリッス
  • カトリーヌ・ルーベル
  • フェルナン・サルドゥー
  • ジャクリーヌ・モラーヌ

ストーリー[編集]

主人公のアレクシ博士は、人工授精によって優秀な子孫を増やし、それ以外の生殖行為は避けるべきであるという説を唱えている。彼は欧州連合大統領に出馬する予定であり、選挙戦を有利に進めるため女伯爵マリー・シャルロット(ドイツのガールスカウト組織者)との政略結婚の日取りも決まっていた。そのお披露目のための昼食会が近日中に行われることになっている。

女主人公の田舎娘ネネットは兄夫婦の苦労を見て、「子供は欲しいが、駄目な夫は欲しくない」と思い、自分は人工授精による子供が欲しいので実験台にせよといって博士の別荘に押し掛け、女中になる。

昼食会は森の中の空き地で行われた。おとなしく進行する昼食会が一転したのは、山羊をつれたガスパール爺のが鳴った時であった。笛の音に誘われたか突風が吹き荒れ、一同は自動車に駆け込もうと右往左往する。それをきっかけに各自の抑制の箍がはずれ、あちこちで踊り愛を囁くカップルが誕生する。博士も全裸で水浴びをするネネットを一目見て夢中になり、二人してネネットの実家で生活するようになる。

田舎で楽しく暮らしていた博士であったが、取り巻き連中に拉致同然に再び政界にひきずり出され、予定していた政略結婚の日が近付いてくる。ネネットは博士の子を妊娠していたがそれを博士に知らせず、出産費用を稼ごうと博士と女伯爵の結婚式の会場となるホテルで手伝いをしている。これが博士の目に留まり、結婚式は急遽一転、ネネットと博士のものになってしまうのだった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]