茶中のフェノール性化合物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑茶中の大部分を占めるポリフェノールは カテキンである。

天然フェノール類や ポリフェノール類は自然界の多くの植物に含まれている。フラボノイドと呼ばれる天然フラボノイドは、健康によい影響が期待されているため、もっとも有名である。 [1][2][3][4][5]

お茶は日常の食品や飲料製品の中で、最も高いフラボノイド含量を示すものうちの一つである。[6][7]成長した茶葉中のフラボノイドの大部分を占めているのは、カテキンと呼ばれるフラボノイドのグループであり、これらの大部分が残ったまま製品になる。 [8][8] 没食子酸エピガロカテキン、別名EGCGは健康への貢献度の高さについて、最も研究されたカテキンである。[4] これは、緑茶中の実に50~70%を占める。[9]

これらのカテキン類のほとんどは、紅茶への発酵過程で酸化され、テアフラビン類になる。結果的に約58%のフラボノイドの使用して、6%の含量のテアフラビンが生成される。[9] お茶のほかのフラボノイドには、はるかに低い含量で、ケンフェロール、ミリセチン、ケルセチン、およびアピゲニンとルテオリンが微量に含まれている。[6][8]

USDAの報告によれば、200mlのお茶に、フラボノイドの平均含量は266.68 mg(緑茶)、233.12 mg(紅茶)である。[6]

脚注[編集]

  1. ^ Chung S. Yang et al, Antioxidative and anti-carcinogenic activities of tea polyphenols, Archives of Toxicology 83(1): 11-25, 2009
  2. ^ Kevin C. Maki et al, Green Tea Catechin Consumption Enhances Exercise-Induced Abdominal Fat Loss in Overweight and Obese Adults, Journal of Nutrition 139: 264–270, 2009
  3. ^ Jun-ichi Suzuki et al, Tea Polyphenols Regulate Key Mediators on Inflammatory Cardiovascular Diseases, Mediators of Inflammation Volume 2009, Article ID 494928
  4. ^ a b Carmen Cabrera et al, Beneficial Effects of Green Tea—A Review, Journal of the American College of Nutrition, 25(2): 79–99, 2006
  5. ^ Joshua D. Lambert et al, Mechanisms of Cancer Prevention by Tea Constituents, Journal of Nutrition 133: 3262S-3267S, 2003
  6. ^ a b c U.S. Department of Agriculture, USDA Database for the Flavonoid Content of Selected Foods, Release 2.1, January 2007
  7. ^ The Tea Guardian. “Health Benefits of Tea”. 2011年2月18日閲覧。
  8. ^ a b c Julia Peterson et al, Major flavonoids in dry tea, Journal of Food Composition and Analysis 18: 487–501, 2005
  9. ^ a b The Tea Guardian. “Polyphenols in Green and Black Teas”. 2011年2月18日閲覧。