茨城県立勝田高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
茨城県立勝田高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 茨城県
校訓 生命の尊さを
自ら体得し
心身をいとおしんで
その育成に努め
隣人と協力して
明日の郷土を拓こう
設立年月日 1973年4月1日
創立記念日 6月5日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 08127C
所在地 312-0003
茨城県ひたちなか市足崎1458
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

茨城県立勝田高等学校(いばらきけんりつ かつたこうとうがっこう)は、茨城県ひたちなか市足崎にある県立高等学校

概要[編集]

略称は「勝高」(かつこう)で、茨城県立勝田工業高等学校の略称(勝工)と同じ読みであるため、地元では勝田高校を「勝高」、勝田工業高校を「工業」と呼んで区別している。

勝田駅からのアクセスはバスか自転車で20分程度。近隣に茨城工業高等専門学校(高専)があり、学内に学食を備えることから時折勝高生が立ち入っていることもある。

部活動は男子バスケットボール部、サッカー部などが比較的盛んと言える。現在ではかつての空手部のように全国大会に出場しているものは理科部である。文化部ではオーケストラ部が有名である。毎年数回、JRC(Japan Red Cross)部に所属する女子生徒たちが赤い羽根募金など、勝田駅前で募金活動をする様子は一種の風物詩となっている。

文武ともにそこそこ、という校風を変えるべく1997年(平成9年)に「学習館」を設立。今では7時半から19時まで生徒の自習に使われている。それ以前は学校事務局隣の空き部屋が自習室と呼ばれていたがほとんど使われていなかった。

近年はオーストラリアとの語学交流にも力を入れている。

沿革[編集]

経緯[編集]

1973年オイルショックの影響を受けつつも地元の要請にこたえる形で創立される。

年表[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]