茂辺地駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
茂辺地駅
茂辺地駅駅舎(2009年2月撮影)
茂辺地駅駅舎(2009年2月撮影)
もへじ - Moheji
上磯 (8.8km)
(5.0km) 渡島当別
所在地 北海道北斗市茂辺地
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 江差線津軽海峡線
キロ程 17.6km(五稜郭起点)
電報略号 モチ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1930年昭和5年)10月25日
備考 無人駅

茂辺地駅(もへじえき)は、北海道北斗市茂辺地にある北海道旅客鉄道(JR北海道)江差線である。電報略号モチ

歴史[編集]

1976年の茂辺地駅と周囲約500m範囲。下が江差方面。少しずれた相対式ホーム2面2線で、駅裏側ホーム上には待合室が設置されている。この写真の6年前に既に貨物取扱をやめており、駅舎横の江差側にあった貨物ホームや引込線、駅裏側にあった貨物積卸線の跡がすっかり緑に覆われている。また、後に無人化に併せて駅裏側ホームは使用をやめ、駅舎前の単式ホームのみとなった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

2面3線の地上駅で、ホーム間の移動は跨線橋を使う。五稜郭駅管理の無人駅

かつてはJRから委託を受けた女性が駅舎で切符を売っていた。なお、切符はあらかじめマルス端末(総販システム)で予刷されたものに日付印を押して発売されていた。発売区間は函館清川口までなど需要がある数駅(最安値は清川口・小児)であった。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
江差線(津軽海峡線)
上磯駅 - (矢不来信号場) - 茂辺地駅 - 渡島当別駅

関連項目[編集]